オーラ

宇宙の99.999……%はプラズマなのですが、
このプラズマにも様々な種類がありピンからキリまでです。

では、一般的なプラズマと光の違いとは何でしょうか?

とはいうものの、一般的なプラズマを定義するのも難しい話なんですが…
実はプラズマには質量があります。

質量とは、重さと関連が深い物理量で、物体の重さ等の度合いを表す量のことです。

例えば、1kgの質量を持つ物は、どこに持っていっても同じ1kgの質量を持ちますが、
重さは変化し、月の上では重力が地球の約6分の1なので、重さも6分の1になります。

因みに同じ地球上でも場所によって僅かですが重力が変化します。

では、光とプラズマの違いとは何か?というと、
光もプラズマも同じ放射線だから同じものと言えるでしょう。

しかし、光は可視光線だから基本的に目に見えますが、見えない光も存在します。

ん・・・言ってる意味がよくわかりませんね?
表現が非常に難しいです。

これは余談ですが「光」は聖書学的にいうと「神・ゴッド」の別名です。

ということは、神は光ですからプラズマ生命体なのです。

ところで、電波を交差させると火の玉ができるという話は前にしましたよね。

それがプラズマ火球なのですが、そのエネルギー量を下げると光が弱くなり、
エネルギー量を上げると光が強くなる特徴をもっています。

その光は、強力な光ほど白く光ります。

白 → 黄色 → 赤 → 透明(見えなくなる)の順です。

例えば、目には見えない弱いプラズマを、実験用のモルモットにずっと当てておくとします。

すると、モルモットは段々と痩せ細り、最後には衰弱死してしまいます。

人間は神に近くなれば近くなるほど光に覆われる…といいますが、それが「オーラ」と呼ばれるものです。

090924-2

例えば、影が薄く、暗く沈んでいる人は、光(オーラ)が出てない状態です。

それを見分けることができる人が日本には存在します。

その人は、どこの鉄道会社にも引っ張りダコの駅員さんで、
列車に飛び込み自殺をしようとしている人は、すぐにわかるといいます。

これまでに何度も自殺しようとしている人を引きとめて、国から何回も表彰されている人です。

彼に言わせると、自殺を考えている人は、光(オーラ)が出てない状態だといいます。

光が出てるか出てないかが分かる能力の持ち主で東京在住の人です。

彼のように人間は霊感や超能力を身につけることができます。

本来、人間はそうした能力を持っているのです。

まず超能力を身につけるための最低条件は、純粋で素直な心になるということです。

けがれた心では超能力など絶対に持てません。

因みに、テレビなどに出演し、金儲けでやっている超能力者は偽物で、あれは超能力ではなく手品の一種でしょう。