かつて東京タワーの建設には、フリーメイソンが関わっていたことは、
今となっては多くの人がご存じだと思います。

そんな東京タワー内になぜか蝋人形館があります。

蝋人形はフリーメイソンと関係が深いものばかりで、
有名なミュージシャンから無名なミュージシャンまで展示されています。

実は世界的なミュージシャンのほとんどは、フリーメイソンのメンバーなのです。

世界的に有名なビートルズも例外ではありません。

ビートルズは英国のバンドですが同国だけでの活動では人気を出すのに限度があります。

そこで世界的に成功するために、彼らはフリーメイソンのメンバーになったのです。

なぜなら、昔からフリーメイソンのメンバーになると
ビジネスが成功しやすいと言われているからです。

そして、彼らを全世界で売り出すための仕掛けの裏にいたのはイルミナティでした。

ビートルズ

ビートルズ

ビートルズが、あれだけの人気を誇った理由は何だったのでしょうか?

実は人気が出た理由は、英国の「ダビストック研究所」の技術を使ったからです。

タビストック研究所は、フリーメイソンやイルミナティと関係の深い
ロックフェラー財団から資金提供を受け、人間の心理を研究している組織です。

主に薬物、電波、音波による大衆コントロール術、洗脳術を開発している研究所なのです。

タビストック洗脳研究所

タビストック洗脳研究所

ビートルズといえばファンが異常なほど叫び、失神する映像が有名ですよね。

実はあの映像こそタビストック研究所の技術が反映されたものなのです。

米国で若者が異常なほど熱狂しているという話題を作るために、
コンサート中に「LSD」をバラ撒き、観客をトリップさせ熱狂するように演出したのです。

LSDとは、合成麻薬の一種で、乱用すると幻覚、
幻聴、時間感覚の欠如など強烈な幻覚作用が現れる薬物です。

特に幻視作用が強く、ほんのわずかな量で物の形が変形、巨大化して見えたり、
色とりどりの光が見えたりする状態が8~12時間続く麻薬です。

そんな合成麻薬を使い、観客を幻覚状態に陥れていたのです。

そして、その様子がテレビなどのメディアを通じて人々に届けられると、
彼らを知らない人も強烈な印象を受けることになります。

「彼らは凄い人気がある」と思い込むのです。

また、人が失神する映像を見た人は
「ファンとしてこんな愛情表現があったのか」と思い、自分も失神して見せます。

その映像がまたメディアで流れ、
失神ファンの話題が拡大していったのです。

こうしてビートルズは世界的な人気を誇るようになり、
ビジネス的に大成功を収めたのです。

実はビートルズのメンバーで、
ジョン以外はイルミナティのメンバーに加わっていました。

しかし、ジョンだけは最後まで
イルミナティに加わることはありませんでした。

ジョン・レノン

ジョン・レノン

成功の為にフリーメイソンのメンバーになった彼でしたが、
イルミナティに加わることだけは、いくら勧誘されても断っていたのです。

世界支配を目論むイルミナティを嫌うジョンと
イルミナティに加わったメンバーとの反目がビートルズ解散の原因だったのです。

解散後、ジョンは一人になって平和や反戦のメッセージを込めた歌を発表し続けました。

中でも「イマジン」は大きな反響を呼びました。

でも、それがイルミナティの怒りを買ってしまったのです。

イルミナティは「マーク・チャップマン」にジョンを殺すように命じます。

そしてジョンはマーク・チャップマンよって暗殺され、帰らぬ人となったのです。

マーク・チャップマン

マーク・チャップマン

当時のイルミナティにとって、
左翼的な思想や反戦を訴える者は目障りでしかありませんでした。

しかもこれが、世間的に影響力を持つジョン・レノンとなると、
だまって見過ごすわけがありません。

イルミナティに逆らう人物、そして目障りになる人物は
邪魔者としてこの世から消されるのです。

ジョン・レノンもマイケル・ジャクソン
同じ理由で殺されたというわけです。

表向きは薬物によるに中毒死や自殺、
自然死になっている有名人が多いのですが、
実際は暗殺されている者が多いのです。

そして日本の尾崎 豊も彼らに暗殺された一人です。

尾崎豊

尾崎豊

愛や平和を訴え、なお且つそれが人々に影響力を持つ人物なら
暗殺されてしまうのです。