ツングースカ大爆発

1908年6月30日午前7時14分、中央シベリア高原のツングースカ地方で大事件が起きました。

青空の中、急に真っ赤に燃える物体が現れ、空中です凄まじい大爆発を起こしたのです。

そう、これが「ツングースカ大爆発」です。

(上)ツングースカ大爆発前のイメージ

(下)地図の赤丸の部分が発生現場。

image229

爆発の規模は東京都の面積に匹敵する森林をなぎ倒し、多くの動物を一瞬にして焼き殺しました。

この爆発の衝撃波は、ドイツで強烈な空気振動として4時間41分後に観測されました。

8時間後には米国でも衝撃波を捉え、30時間28分後には再びドイツで観測されたのです。

これはつまり、爆発の衝撃波が地球を一周したことになるのです。

これほど大規模な爆発だったのにも拘わらず、
きちんとした調査が今まで数回しか行われていません。

事件の場所が木が生い茂る森林地帯だったとは言え、
最初の調査が行われたのは事件から19年も経った1927年というのは変な話です。

調査を行ったのは「ソ連科学アカデミー」でした。

彼らは爆風で倒れた森林の中をさまよい、なんとか爆心地に到達。

多くの木々が爆心地を中心に外側に倒れていたため、隕石が落下し、大爆発したとされたのです。

次の画像は、外側に向かって倒れる木々。

image230

ところが、1958年から再度行われた調査で、
隕石の破片が全く見当たらないことから、疑問視されるようになります。

その後、爆発の規模は広島原爆の1500発分(30メガトン)という、
とんでもない規模の爆発だったことが後に米国と旧ソ連の調査によって判明します。

そのため、今では「反物質説」や「ミニブラックホール説」などの様々な説が浮上しているのです。

このツングースカで爆発した宇宙からの物体は、多くの人が目撃しており、
その目撃証言から、物体は筒型のチューブ状だったことが分かってます。

このことは、当時発行されていた地方新聞にも記載されました。

事件のあった朝、650キロ北にある村の農民たちが、眩し過ぎる強烈な光を放つ物体を発見。

その光輝くチューブの形をした物体は、10分ほどかけて水平に飛行しして、一気に地上に落下したといいます。

落下後、真っ黒で巨大なキノコ雲が立ち昇り、続いて爆発音とともに地面と建物が大きく揺れ、
キノコ雲の内部から赤い炎が空高く燃え上がったと言います。

1959年には、トムスク医学研究所のグループが、ツングースカへと向かいます。

現地で40日間もかけて放射能レベルなどの測定を行った結果、驚くべき事実が明らかになったのです。

なんと、爆発の中心の放射レベルが30キロ地域と比べ、2倍ほど高く、
1908年当時の木に至っては、正常値を遥かに上回るセシウム137という数値が検出されたのです。

つまり、ツングースカで起きた大爆発は核爆発とあまりにも似ていたのです。

この爆発はいったい何だったのでしょうか?

ツングースカ爆発事件の調査に携わった宇宙学研究者は、この時の爆発温度を摂氏数千万度と算出し、
木の燃え方が放射エネルギーによる瞬間発火であること、熱線による影の焼き付け現象など、
現地にの残されている多くの証拠から、間違いなく核爆発であり通常の爆発の可能性はないと断言しています。

この爆発は、上空3000メートルで起きたという説と、上空8000メートルで起きたという説がありますが、
いずれにせよ、謎の飛行物体が空中で大爆発を起こしたことだけは間違いないようです。

さて、この事件を独自で調査し、1933年に研究結果を発表した天文学者のアスターポビッチは、
爆発が垂直の噴水状のものとして多くの場所から目撃されたところに着目。

この時の炎とキノコ雲は高度2万メートルに達したと推定しています。

ツングースカ上空で起きたこの爆発を目撃した人達の目には、恐らく次の画像のように映ったのではないしょうか?

image231

これらのデータは、この時の物体が非常に高度な原子炉を搭載した
巨大な筒型の飛行物体であることを示唆していました。

ツングースカの大爆発で崩壊した地域の形が扇型になっていたのは、
その爆発が何かの非爆性容器で覆われていたとするなら説明がつくと言います。

これを実証するかのような証拠らしきものが、1950年代の末に爆心地の土壌サンプルの中から出てきました。

それは、数ミリ以下の小さな粒で、本来なら地球にはない水滴のような形をした粒子。

1962年に行われた特別調査では、これと同様のキラキラ光る涙型の粒を無数に発見しています。

この粒子を分析した結果、コバルト、ニッケル、銅、ゲルマニウムが見つかったのです。

この謎の粒の出どころは、まだ確認されていませんが、
筒状の物体は、人工的な飛行物体である証拠だと言えるでしょう。

ところで、空気学力と航空機設計の専門家によると、隕石が地球の大気圏に突入した場合、
そのスピードは、時速5万キロ〜7万5千キロだと言います。

ツングースカで大爆発を起こした物体の飛行経路を地図に描き、そのスピードを算出したら、
時速248キロ〜3600キロと幅があるものの、隕石よりも遥かに遅いことがわかりました。

ロケットの専門家は、この算出結果から突入角度と速度が
超音速機並みだったということを明らかにしました。

この核爆発を起こした謎の飛行物体が自然界のものではなく、意識的にコントロールされたUFO・・・
いや、大きさから言ってマザーシップとでも言うべきでしょうか…だったのです。

因みに、私の知人であるMr.アンダーソンは、この謎の飛行物体にサタンが乗っており、爆
発によって死んだため、今はサタンはこの世に存在しない・・・と言ってます。

果たして、真相はどうなのでしょうか?