ディズニーランドの仕掛け

前回は、ディズニーランドの駅から入り口の話まででしたが、
今回は入場するところからのお話をしましょう。

耳から刺激を受け、体に魔法にかかり、
直ぐに入りたくて入りたくてたまらなくなっています。

そういう状態でパスポートを買って、いざ入場。

そこには7つの入口が用意されていて、どのゲートを通るかで、
その人の人格や気分が分かるそうで、
落ち込んだ気分を癒しにきたような人の場合は端から入ろうとするそうです。

ただ、日本人は左側通行が習慣づいているので、左端を通る人が多いとも言われています。

ゲートを通ると、次は「ワールドバザール」へと入るのですが、
このワールドバザールは、実は右と左とで作りが違うそうです。

向かって右側は建物が全体的に角ばっていて現代風のたたずまいに対し、
左側は全体的に中世っぽい雰囲気になっているそうです。

ワールドバザールを抜けるまでの道は徐々に狭くなっていて、
両脇の建物も入口と比べると低くなっているそうですが、
これは、「シンデレラ城」を最も美しく見せるためと言われています。

がしかし、それだけではないのです。

ある秘密と仕掛けが隠されているのです。

実はワールドバザールを抜けるまでの道は、
赤ちゃんが生まれてくる「産道」のようになっていて、
幅の狭い通路をゆっくりと進み、ワールドバザールを抜けた瞬間、
ドーンとシンデレラ城が視界いっぱいに広がり、
ここから本当の夢の国が始まるようになっているのです。

これは、赤ちゃんが母親のお腹の中から生まれてくる時の感覚を疑似体験させていて、
ワールドバザールを抜けた瞬間に、
生まれ変わったような新鮮な気持ちを味わえるようになっているのです。

そして、ディズニーランドの中で一番の開放感を味わえる場所がここなのです。

誰もが警戒心や緊張が解け、童心に返ります。

それがたとえ大人であっても、心が隙だらけの状態になるのです。

ディズニーランドは至る所に人間の深層心理を突く技術が施されています。

ワールドバザールを抜けた時に警戒心がなくなり、その人の本性が丸見えになるのです。

そして、ここから行動パターンが分かれるようになっています。

パターンは全部で3つあるそうです。

真っすぐシンデレラ城に向かうのか?、それとも右か、左か?
どちらへ進むかで異なるそうです。

真っすぐに進む人は自己中心的で我の強いタイプ。

恋愛においては、お姫様でなければ気が済まない。

その為、同じような失敗を繰り返す。

シンデレラ城を抜けた後、右に行こうが左に行こうが、
自分が一番であることには変わりない。

左から行く人・・・つまり時計回りで回る人は思い出を大切にするタイプで、
一目惚れをしやすく、隣にいる人との未来を描きながら現実を楽しむ。

右から行く人・・・反時計回りに回る人は現実主義で人見知りするタイプ。

恋に落ちるまでに時間がかかり、金にシビアな人が多い。

なので右側は左側に比べショップが少なくなっています。

ディズニーランドは左半分が過去、右に行くにつれ未来へと進んでいき、
ワールドバザールという現在に戻ってくる仕掛けになっているのです。

ディズニーランドの詳しい事が書かれたブログがありますので、下記にリンクを張っておきます。
http://www.disney-family.net/zatsugaku/hidarimawari/

ディズニーランドのマップは下記URLをクリックしてダウンロードしてください。

http://www.tokyodisneyresort.co.jp/pdf/map/land_atrc.pdf

http://www.tokyodisneyresort.co.jp/pdf/map/land_rest.pdf

ディズニーランドにはこの他にも沢山の秘密が隠されているらしいですね。

例えば、地下には「クラブ33」という巨大カジノがあるらしく、
ここはスポンサーや世界の著名人だけが入る事を許されているらしいのですが、
実際は地下ではなく、ワールドバザールを入ってすぐ右手にあるそうです。

勿論ここは秘密の場所ですから、外からは解からないようになっていて、
秘密の会員しか入れないらしく、会員が係のスタッフに合図を送ってから
初めて秘密のインターホンの鍵を開けてくれるそうで、
そのボタンを押すと扉が開くようになっているそうです。

「クラブ33」のカーテンを開けることは禁止されていて、
中から外を覗くことは出来ないそうです。

基本的には、ここでの食事はすべて無料だそうです。

他には、ディズニーランドにはカラスがいないそうですね。

人も多いし、食べ物もあるのだから普通はカラスがいてもおかしくないはずですが、
なぜかカラスが集まらない?

そればかりか夜になっても外灯に虫さえ集らないのはなぜか?

それは、ディズニーランドでは鳥や虫が嫌う周波数の超音波を放出し続けているらしく、
この超音波は人間には聞こえない周波数で害もないそうです。

現在ではこの技術が家庭用の装置として販売されていて、
猿や猪駆除にも使われているそうです。

そう言えば、最近のスマホのアプリにもありますよね。
蚊や虫を寄せ付けない周波数を出すアプリが・・・

人間は年齢によって聞こえる周波数が変わるので、
ディズニーランドから出ている超音波は子供次第では聞こえてしまう場合があるそうです。

とくに脳がまだ発達していない4歳くらいまでの子供が、
その超音波に反応してしまうそうで、ディズニーランドで異常にはしゃいでいる子供は、
単にディズニーに喜んでいるのではなく、放出し続けられる超音波によって、
感情をコントロールできなくなり理性を失って、はしゃぎまくっている場合もあると言います。