ディズニーランドが、なぜ大成功しているかご存知ですか?

それはディズニーランドには魔法が仕掛けられているからです。

例えば、舞浜駅からディズニーランドへ向かう電車に乗ると、
車内からは「イッツ・ア・スモール・ワールド」などの
メロディーが聞こえてくるらしいですが、
ここから既にディズニーの楽曲を採用しているのです。

イッツ・ア・スモール・ワールド

YouTube Preview Image

さらに舞浜駅を降りれば、再びディズニーの曲が聞こえます。

これで気分が上昇し、完全に魔法にかかっている状態になります。

※舞浜駅は、千葉県浦安市舞浜にあるJR東日本、京葉線の駅で東京ディズニーリゾートの最寄り駅。

改札口を出ると、入口までしばらく歩かないといけませんが、
なぜか入口まで真っすぐに道を造らず、大きく迂回させてあります。

実はこれは、わざと5分間程度歩かせるようにしてあるのです。

なぜなら、人が現実世界から夢の国の世界へと、
頭を切り替える為に最低限必要な時間だからです。

敢えて直ぐに入場させないのは、
「あ~早く入りたいな~」「楽しみだな~」と
考える時間ができて期待も膨らむというわけです。

さらに途中の「ボン・ヴォヤージュ」から
入り口まで向かう道は緩やかな下り坂になっています。

「ボン・ヴォヤージュ」とは、フランス語で「よい旅を!」という意味で、
東京ディズニーリゾート内にあるディズニー・ショップのことです。

次の画像がボン・ヴォヤ―ジュと駅からの緩やかな坂です。

image092

2

実はこの、わざと造られた坂にも意味があり、
緩やかな坂だということが鍵なのです。

下り坂だから、どうしても急ぎ足になるのですが、
しかし、緩やかだから歩いている本人はそれほど意識してません。

が、知らず知らず足がスイスイ進み鼓動も早くなるのです。

そして、自分がディズニーランドに向かって急ぎ足になっていること、
胸が高鳴っていることに気づき「こんなに楽しみにしてたんだ」と思うのです。

この坂は、帰りは道には当然、逆に上り坂になるわけですが、
夢の国で遊び、心地よい疲労感の中で舞浜駅へ向かう時、行きとは逆に足が重くなります。

「あぁ、身体が重い・・現実に戻りたくない」という気分にさせて、
ディズニーランドでの時間が、より素晴らしく思えて、
「また来たい」と思い、リピーターを作っているのです。

しかも、途中には先述したボン・ヴォヤージュが、まるでオアシスのようにあり、
行きは素通でも、帰りはディズニーランドを離れる寂しさから、
ついつい立ち寄ってしまい、多くの人が、ここでお土産を買ってしまうのです。

そう、全ては計算通りなのです。

最後にもう一つ付け加えるなら、お客さんに最後の最後まで
「駅」という現実を見せないための配慮として建てられているのです。