プラズマフィラメント

プラズマフィラメント

今、太陽系の外側に「プラズマフィラメント」が、
巻きつきはじめていることをご存知でしょうか?

プラズマフィラメントとは、プラズマの「ヘソの緒」みたいなもので巨大な送電線です。

次の画像が綺麗に撮影されたプラズマフィラメントです。

プラズマフィラメント

プラズマフィラメント

このプラズマフィラメントを出している元となっている物体が、
恐らく、木星の背後に隠れている暗黒惑星ではないかと思われます。

このプラズマフィラメントを太陽系が通過した時、
そこにはまだ人間が全く知らない未知の世界が広がるでしょう。

そこは、宇宙に存在する得体のしれないモノが出入りするゲートになります。

いよいよ地球も宇宙時代に突入していくのです。

今、太陽活動が活発になっているのも、実はこのプラズマフィラメントのせいなのです。

プラズマフィラメントは、膨大なエネルギーを持った超エネルギー体です。

これは、荒唐無稽な絵空事などではなく実際の話です。

言っておきますが、私がお伝えしている情報は、
その辺の学者が唱えている情報よりもずっと確かです。

それは皆さんが一番よく分かっていることだと思いますが。

釈迦は「闇の力が最高に達した時、シャンバラは木星の後ろに存在する天体を光らせる」と預言しています。

もし、その「闇の力が最高に達した時」というのが、
暗黒惑星が木星の背後に隠れていることを意味しているのなら、
シャンバラがその隠れている暗黒惑星を何らかの形で光らせて、地球の人間に知らせてくれるのでしょうか?

いや、もしかしたら、この暗黒惑星は光らされて、もう既に見つかっているのかもしれません。

もしそうだとすると、私もその暗黒惑星らしき天体を肉眼で見たことがあります。

それが正しければ、もうその惑星は今は存在しないことになります。

それにその惑星というのは、あまりにも巨大なために、
惑星のように見えていただけで実際は惑星ではありませんでした。