マスコミは小沢一郎氏を叩いています。

民主党を叩く時には「マニフェストを守らない」・・・と言ってますよね。

小沢氏はマニフェストを遵守せよと言っているのに、なぜ彼を叩くのでしょうか?

マスコミは、総論賛成、各論反対で、言っていることが実に支離滅裂なのです。

image007

そんなマスコミを信じているのが日本の国民です。

あなたは、大丈夫でしょうか?

そんなマスコミに誘導されていませんか?

小沢氏に無罪が出ても、国会で証人喚問まで行う自民党・・・
自民党という団体は完全に司法を無視しています。

そんなことよりも、やることが他にも山積みのはずです。

なのになぜ、無罪になった人間を呼んでまで、そんなことをする必要があるのでしょうか?

日本のお馬鹿な政治家どもは国内ではそうした強い姿勢を見せるのに、
国際政治になると、すぐに相手の言い成りになってしまう情けない連中です。

国際政治は「イエス」と「ノー」をハッキリ言わないと負けてしまいます。

それなのに日本は相手国を恐れて「ノー」と言えません。

石原慎太郎氏は、尖閣諸島を日本のものだと断言しました。

彼のようにハッキリものが言えるスタイルが世界の政治家の共通のパターンなのです。

image008

日本の外務省は、中国に対して穏便に解決しようと考えているようですが、
穏便に解決などあり得ないのです。

穏便に済まそうとすれば、必ず首を締めつけられる結果となるのです。

こうした腰の引けた姿勢で臨んでいるのは、政治家に限ったことではありません。

霞ヶ関における官僚も同じです。

官僚は勉強だけで成りあがってきた連中です。

なので喧嘩ができません。

喧嘩慣れしてない集団なのです。

だから怖い相手に対しては直ぐに逃げる傾向にあります。

しかも東大法学部出身が多いため、経済のことは何もわからない連中なのです。

そんな連中に官僚という重要な職務が務まるわけがありません。

男は戦わなければなりません。

今の流行語で言えば彼らは草食系です。

草食系がパワーゲームに勝つわけがないのです。

そんな何もできない官僚機構など必要ありません。

税金の無駄使いになるだけです。

今の日本においては、男性よりも女性の方が肉食系です。

女性の方がたくましく、ハッキリとものが言えるので国際政治においても通用します。

日本は政治家も官僚も、ほとんど女性に変えてしまうべきなのです。

中国が尖閣諸島を占領しようと企てているにも関わらず、
日本は中国に対して何も言えません。

ただの言い成りになっているだけです。

だから、それを阻止するために石原都知事は尖閣諸島の購入発言をしたのです。

なのに、またもや石原都知事の言ったことを問題発言だとバッシングする日本。

そもそも政治家は、石原慎太郎氏や小沢一郎氏のように、
問題がある人物でなければいけないのです。

よーく考えてみてください。

問題がない政治家は「毒」にも「薬」にもならないということです。

「毒」は、さじ加減で「薬」にもなりますが、
問題がない政治家、問題を起こさない政治家は薬にもならないということなのです。

何もしないから問題が起きないのです。

そんな政治家が必要でしょうか?

必要ないですよね。

これは、政治家や官僚だけでなく日本の企業においても同じです。

多くの企業では何の傷もない人間が出世し、上に立てるシステムです。

何の傷もない人間は何もしなかったということです。

つまり、何も経験してないということなのです。

ここがわかってなくてはいけません。

何の経験も能力もないから傷がないのです。

日本では、そういった人間が出世するようになシステムが出来上がっているのです。

おかしいと思いませんか?

過去に色んな経験をして、多くの失敗を繰り返している傷のある人間は、
それが糧となり様々な問題にも対処できます。

そんな人こそ、出世できるようなシステムを
作らないといけないのではないでしょうか?

日本は全てにおいて間違った方向に進んでいる傾向にあります。

先ずは官僚機構をぶっ潰して、再構築しなければ何も変わらないのです。

なぜなら、日本で最も権力を握っているのは官僚ですから。