日本には、世界の偉人の墓があります。

例えば、釈迦、モーセ、イエスキリストなど・・・
墓があると言うことは、彼らは日本に来て日本で死んだことになります。

彼らは本当に日本に来ていたのでしょうか?

そして日本で死んだのでしょうか?

実は日本には、偉人以外にも、おとぎ話に出てくる主人公…
例えば桃太郎や浦島太郎などの墓もたくさんあります。

日本人は昔からそういうのが好きだから、
仮想の墓を作って楽しんでいたのだと考えられます。

ただ、確かなことがいくつかあります。

例えば、釈迦の遺伝子はYAPマイナスです。

これは、日本人男性と同じ遺伝子です。

そうです、釈迦族の末裔は日本の男性と同じ遺伝子を持っているのです。

だから仏(仏陀)の墓が日本にあるのは当然なのです。

釈迦は日本には来てませんが日本人と同民族なのは間違いありません。

イスラエルのモーセも、日本人と同族のモンゴロイドです。

日本という国は、言ってみれば極東イスラエルです。

モーセは白人ではなくアジア人でした。

ヤハウェの民はヤマトゥ民族です。

だから日本では大和民族と言われるようになったのです。