レビ族

次の天皇陛下が氏子と一緒に本神輿(中身の三種の神器も含む)を運んだ後、いったい何が起こるのか?

勘の良い人はお気づきだと思いますが、実はその時、「天照大神」が降臨するのです。

天照大神は、カムフラージュされた女神ですから、本物の男神・・・
すなわちイエスキリストが地上に降りてくるというわけです。

だから、天皇家というのは神技を司る大きな役目があるのです。

イスラエル的にいうと天皇陛下はレビ族の末裔です。

レビ族とは、ヤコブの子であるレビを祖とするイスラエルの氏族の一つです。

祖であるレビはヤコブの12人の子供の1人で、祭司の一族として特別な役割を与えられ、
継承する土地を持てませんでした。

そのため、レビ族はイスラエルの12支族には数えません。

これがユダヤの祭司レビ族の服装です。

image216

胸当ての飾りは、イスラエルの12支族を意味するものです。

実はレビ族の末裔でなければ、本神輿は担げません。

本神輿は、すなわち「アーク(聖櫃)」のことです。

本神輿(アーク)と祭りで担ぐ御神輿は同じ構造です。

「本神輿(アーク)」と「御神輿」がこちら。

1

※勿論、写真のアークはレプリカ。

※本神輿をアーク、聖櫃、契約の箱とも呼ぶ。

映画インディ・ジョーンズのシリーズで、
『レイダース/失われたアーク』にも出てきますので見たことある人もいるでしょう。

勿論、映画に出てくるのはレプリカです。

こうした三種の神器やアークが日本にあるからこそ、
天皇家はそれを徹底的にカムフラージュしてるのです。

もう、ハッキリしてるので言うまでもありませんが、
天皇家とイスラエルが深く関係していることが分かったと思います。

イスラエルの聖地にある「ヘロデ門」にだって天皇家の紋章「菊の御紋」が刻まれています。

ヘロデ門のマークは天皇家の紋章と同じ。

2

前に紹介した、古事記日本書紀を編纂した「藤原不比等(ふじわらふひと)」を憶えてますか?

藤原不比等

藤原不比等

彼は決して面白半分や悪意があって古事記日本書紀を書き変えたわけではありません。

日本に三種の神器やアークがあることを、世界から覆い隠すために行ったのです。

がしかし、そのためには先ず日本人から目隠しをする必要があったというわけです。

「敵を欺くには、先ず味方から」ということです。

男の神様を女の神様に変えたり、三社殿あった伊勢神宮を一社殿にまとめたり、色んな仕掛けを行いました。

神に対して壮大なトリックを施し、残した…

それが「古事記日本書紀」なのです。

世界の宝である三種の神器とアークを隠すために、敢えて取った方法がそれだったというわけなのです。

しかし、隠すということは、いずれは出すということです。

その時期が、もうそろそろ近づいてきているのです。

そう、もうすぐですよ・・・もうすぐ・・・