前回では天御中主神・高御産巣日神・神産巣日神の三人の神様を祀っていたと言いましたが、
なぜ3人の神様を祀っていたのでしょうか?

これは面白いことに御神体と関係してきます。

日本には「三種の神器」がありますよね。

昭和時代の三種の神器と言えば、テレビ、冷蔵庫、洗濯機ですよね。

実はこうした言葉の出所は、先述した3人の神様が関係していて、
それぞれ異なる3つの御神体があるからなのです。

日本古来の三種の神器と言えば、「鏡」「勾玉」「剣」のこです。

厳密にいうと、「八咫鏡(やたのかがみ)」・「八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)」・「草薙剣(くさなぎのつるぎ)」
※草薙剣のことを「天叢雲剣(あまのむらくものつるぎ)」とも言います。

天照大神の御神体は「鏡」です。

豊受大神の御神体は「勾玉」です。

須佐之男命がヤマタノオロチの尾を切り裂いて取りだした剣が「草薙剣」です。

この3つが日本古来の3種の神器なのです。

三種の神器

三種の神器

これが天皇家に代々伝わっているのですが、実は天皇家が持っているのは三種の神器のレプリカ。

では本物はどこにあるのか?

それは恐らく伊勢神宮でしょう。

また、三種の神器を入れてたものが「御神輿(おみこし)」です。

金箔でできており、上に鳳凰が載っている本神輿に、もともと三種の神器は入っていたのです。

これが御神輿のプロトタイプで、祭りなどで使われる御神輿はレプリカです。

伊勢神宮には、その本神輿があり、これを別名「御船代(みふなしろ)」と言います。

これを英語でいうと「アーク」になります。

アークとは、ユダヤの「聖櫃(せいひつ)」または「契約の箱」としても知られますよね。

image203 image202

因みに、ノアの方舟のことも「アーク」と言います。

ノアの大洪水や方舟を神話だと考えている人が多いのですが、あれも実話です。

物的証拠も既に出てきています。

この話もいずれまた、することになりますが…

憶えてますか?

これらが日本の紙幣にマーキングされていたことを…

こうしたことは、ひた隠しにしながらも、どこかに残してはいるんですね。

さて、本神輿の中に3種の神器が入っており、それが伊勢神宮の内宮にあると考えらています。

伊勢神宮は20年に一度、中身を移し替える儀式があります。

これを式年遷宮(しきねんせんぐう)といいます。

儀式の度ごとに、社殿その他、関係しているあらゆる建物も新しく建て替えます。

伊勢神宮で使わなくなったものは、他の神社に払下げされるシステムになっていて、
伊勢神宮で使っていたモノは縁起が良いとして、どこの神社でも欲しがるというわけです。

前回の話の続きですが、もともと日本は3人の神様を信じていました。

天照大神だけを信じていたわけでもなく、八百万(やおよろず)の神々を信じていたわけでもないのです。

一概には言えませんが、日本の神社の多くは3人の神様が祀ってあります。

八百万というほど色々な神々が存在するのですが、大昔からの伝承はきちんと残っているのです。

例外もありますが、大体3人の神様・・・いわゆる3柱の神様が祀ってあるのが日本です。

それも天照大神が女の神ではなく男神だという記録が日本にはたくさん残っています。

藤原家が最大の勢力を誇っていた時の人物に「藤原不比等(ふじわらのふひと)」がいます。

藤原不比等

藤原不比等

この時に古事記日本書紀が編纂されたのです。

そして、天照大神が古事記日本書紀に登場するようになります。

その前は男の神様でした。

「通海参詣記(つうかいさんけいき)」をご存知でしょうか?

これは、鎌倉時代に作られた伊勢神宮の記録書です。

この書によると、皇大神宮(こうたいじんぐう)…
すなわち、天照大神の正体は「蛇神」であると書いてあります。

実は蛇は鎌首を持っているので男性器の象徴とされています。

前にも言いましたが、男性器を漢字で正確に書くと、
「朕鉾」あるいは「珍矛」と書き、女性器を「万子」と書きます。

すると言葉の意味が分かると思います。

なので、そうした意味では蛇は男の象徴なのです。

通海参詣記には、天照大神は蛇の神であって、そこに仕える斎宮という女官は妻であると書いてあります。

※斎宮とは天皇の名代として仕える人のこと。

これは、天照大神が男だということを言っているのと同じです。

また、「扶桑略記(ふそうりゃくき)」という平安時代の歴史書がありますが、
これには、伊雑宮の神こそが蛇神であると書いてあります。

つまり、伊勢神宮の本社は内宮や外宮ではなく伊雑宮ということがわかります。

扶桑略記

扶桑略記

昔は神社には「巳(み)」さんがいると言ってましたよね。

「巳」さんとは、すなわち「蛇」のことです。

巳さん(白蛇)

巳さん(白蛇)

神社に住んでいる神様は白い蛇だと昔から伝えられてきたからです。

秀真伝(ほつまつたえ)という日本の古文書がありますが、
この書には伊勢神宮の神は女神ではなく男神だとハッキリと書いてあります。

そして、男神として天の位を継いだ、と書いてあります。

しかも、12人の奥さんがいる、とも書いていあるのです。

「天照大神」の漢字を分解したら…

天…「工人」は大工のことです。

照…「日」は太陽、「召」は召される、下の4つの点は「火」を表します。

つまり、太陽の光に召されると言う意味。

大…「一人」を表します。

神は「ネ」は「神」を表し、「申」は申す。

これで、「日の神に召された大工と申す」という意味です。

大工の神様と言えばイエスキリストですよね。

そしてイエスキリストの中核の使徒と言えば12人。

すると、先ほど紹介した男神には12人の奥さんがいた、という話とかぶることになります。

どうですか、色々なことが繋がっていきますよね。