信用通貨システムの意味が変わる

地球上にあるといわれている金に対して(18万トン)
現在5倍の通貨が出回っています。

これは世界恐慌時に金本位制をやめて
強制通用力で通貨を回したからです。

不況が終わっても金本位制に戻さず、
政府の信用で流通する信用通貨で現在まで来ました。

つまり、中央銀行などを流通している政府の信用紙幣は
ぐるぐる回すことしか能がない不換紙幣であって
金銀との兌換が保障されていない法定紙幣です。

この金72万トン分の空売り分をどうするかが問題で
金融連合を救済する目的も兼ねて
この裏付けのない分を仮想通貨に肩代わりさせました。

これで通貨の鎮痛を図ります。

ただし、鎮痛を図ると言っても金本位制には戻りません。
これからは脱・金になります。

1.金を他に使う用途がある
2.なので金本位制には戻せない

日本から始まったゼロ金利。(今はマイナスか!?)
日本は世界の雛形ですから最終的には
ゼロ金利社会に世界が移行します。

すると、紙幣の製造を考えると銀行は利益がマイナスになるので
最終的にお金の概念は電子マネーに移行すると思います。

去年の暮れに大沸騰したビットコインなど
アルトコインやICEも含め仮想通貨が現在とても人気です。
仮想通貨の売りは中央に管理人がいないことですが
現在はベルギーに管理者を設けて実験中です。

お金というのは分業と信用を結ぶ媒介で
価値尺度、流通手段、価値貯蔵の3機能を持っています。

現在仮想通貨を持っている人達が仮想通貨に対して
「価値と信用」を与えるのなら
これから仮想通貨は通用していくと思います。

では、仮想通貨に価値を与えるには?

やはりお金の機能を持っているか?です。

なので、ベルギーを中心にしてヨーロッパでテスト段階ですから
貯蔵が出来て商品交換の媒介になれば
まずは機能を果たすのではないでしょうか?

とにかく、仮想通貨を持っている人の価値観で
左右されていくのでどうなるのかは未定です。

ただし何が起こるかわからないのでビットコインなどをやりたい人は
金銭的に余裕がある人であれば良いと思います。(投資だってそうですし)

現在物凄い電気をつかって発掘するらしいので、もし将来
フリーエネルギーなどが導入されたら
だれでもマイナー(発掘者)になれますので
もしかしたら価値も下がるかもしれませんし、
なんせ、自己取引が可能だそうです。(危ない)

そして電子マネーはなにも仮想通貨だけではありません。

現在日本に導入されたマイナンバーで将来管理も可能だと思います。

現に、母親に聞いたら、マイナンバー導入のため、
以前よりも銀行関係の振り込みは難しくなっているそうです。

ではまた次回。

2 件のコメント

  • 君嶺衣 より:

    パスがかかり先に進めないのですが!教えてくれないでしょうか?あとLINE@もあれば教えてもら得ないでしょうか?
    すごい参考になる為になるサイトです。愛の解放願います!

    • AI より:

      今PCの方はLINEを開いて「@lvl4710d」
      でID検索をしてください。

      メルマガも登録できます。
      LINE@登録をしたら、
      特典希望とメッセージをください。

      現在、特典は3つありますが、
      4つ目を今週中に仕上げようと思ってます。
      お楽しみに!
      メルマガまたはLINE@登録者にリンクを送りますので
      よろしくお願いします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    Loading Facebook Comments ...