古代エジプトと一神教の始まり

いつの時代にも権力者たちは人間や国を統治するために、
宗教を政治の一部として利用してきました。

もともと、この地球上は多神教が自然な形であり、
古代エジプト、ローマ、ギリシア神話には複数の神々が存在し、
日本も八百万の神、ケルト神話では妖精がいました。

世界初の一神教ができたのはエジプト、アメンホテップ四世の時。
(別名アクエンアテン。古代エジプト第18王朝のファラオ)

当時エジプトの勢力は強く、遠征で領土を広げていき、
大帝国を作り上げ「神の賜物」とアメンを祭る神官が崇拝された結果、
神官たちが王を抑えるほどの強い勢力になったことをアメンホテプ4世が嫌い、
宗教的権力を王権と一本化することを狙い、アテン神のみを崇拝し、
治世4年目(前1368年ごろ)に、王朝発祥の地テーベを放棄し、
新都アケトアテン(現アマルナ)に遷都しました。

従来の多くの神々の崇拝を禁じ、神々の像を破壊し、
唯一神アテンへの信仰に切り替え、
自らもアクエンアテンと名前を変えました。(アマルナ宗教改革)

その後、アメンホテップ四世はあまりにも宗教統一の為に
国内ばかりに力を注いだため、エジプトは弱体化し、
アメンホテプ3世の時代から王家に仕えてきた古参の臣神官アイは
ツタンカーメン時代に伝統的な神である
アメン信仰(アメン=エジプト多神教の主神)を復活させ、
首都をアマルナからテーベに戻しました。
そしてアテン神官、一神教徒たちをエジプトから追放しました。。。。。。

。。。。。。。。。

続きはメルマガ登録をして特典2をお読みください。

 

今後も、メルマガ登録者、またはLINE@登録者に
特別で書下ろしを配布していきます。

この多神教と一神教の古代から続く
因果を理解できれば、この世で何が起きているのか
分かるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Loading Facebook Comments ...