太陽が二つ出現

2015年6月7日(日)の早朝のことです。

何か異様な朝だなと思って空を眺めていると、
そこにはなんと、太陽が二つあるではないですか。

この信じられない光景に大変驚いたわけですが、
誰も太陽が二つ昇ってても気づきもしません。

普段から空を意識していないのでしょう。

私が知らせてあげて、はじめて

「うそ~」「信じられん」

などと反応。

 

誰かネットで、この光景をカメラにおさめ、
画像をアップししてるのではないか、
ネットで話題になってるのではないか、

と思いきや、全く何もなし。

 

太陽が2つ見えたのが一瞬なら
シャッターチャンスが限られるので仕方ないのですが、
1時間くらいは2つ見えていたにも関わらず、
ネットで上げている人はいませんでした。

なぜ誰も気づかないのでしょう?

 

それにしても、太陽が二つ・・・

太陽が二つに見える「幻日」という現象があります。

ただ、この現象は滅多に日本では見られないものだし、
私が見たように二つともハッキリとした太陽ではないと思います。

写真ではわかりづらいのですが、肉眼ではハッキリと見えてました。

太陽の光の奥には、どちらもちゃんと球体の輪郭がハッキリと。

しかも、どちらも同じくらいの光り具合。

幻日ならば、一つは本物の太陽なので、光の奥に球体の輪郭が見えて当然ですが、
もう一つの方は光の屈折などで見えているものなので、
その奥には球体の輪郭は見えなないし、同じように光らないと思います。

ですが、私が見た二つの太陽は、
高さはほぼ同じ高さで、同じ大きさ、同じ光り方をしていました。

ということは、この二つの太陽は、
一つは本物、もう一つは偽物の可能性があるということです。

それがこちらの画像。(私が撮影したもの)

太陽二つ

私の知人には太陽ではなく、月を同時に2つ見た人がいます。

私が限定公開している記事コンテンツにも、
「人工月」や「人工太陽」が存在することを証明していますが、
これこそ人工太陽ではないでしょうか?

そうでなければ、「ホログラム」だと私は考えています。

いまやホログラムの技術は凄いものです。

偽物の太陽を天空に映し出すことは可能でしょう。

ただ、人工太陽の場合は、地球人類の技術ではないと思います。

この二つの太陽の出現は一体何を意味するのでしょうか?

 

因みに、私が撮影したものではないですが、二つの太陽の動画を紹介しておきます。

Planet X January 31st 2012
YouTube Preview Image

ロシアのニュースで放映された「二つの太陽」
YouTube Preview Image

 

こちらはブログ

太陽が2つ見えた!
http://ameblo.jp/megapozi/entry-11383195888.html

6 件のコメント

  • 山浦芳光 より:

    こんなに近くに見えるまで 天体観測所が気づかなかったのは何故でしょう?    
    紫外線、赤外線や気温、引力に変化は無かったのでしょうか?
    蜃気楼のような光線の具合が原因でなければ これらの異状データが観測されるはず、ですけど…

  • えっ? より:

    (゚Д゚≡゚Д゚)゙?マジ?

  • 「  」 より:

    これは自分がみたい?ものでは無いようですが
    たしか「太陽が二つ三つ気を付けろ」でしたね。
    眼前で見ないと分からないですね。

  • マー より:

    太陽が2つ見えるのは、日本とペルーだけだって、ペルーに長く滞在していた知人がペルーの人に言われていました。ペルーの人はそれを知っていて、なぜ日本人は知らないんだ?と。それで、その画像を探しつづけて、ここに辿りつきました!

  • 糖尿王子 より:

    幻日は言うほど珍しい現象ではありません。私も人生で4回見ています。ただ、太陽本体と同程度に眩しく見えるほど幻日が眩しく見えることは珍しいです。
    写真が本物か偽物かの判断は難しいですが、1枚目の写真は本物であれば右が幻日、左は太陽じゃないかなと。2枚目以降の夕日はフレアゴーストというカメラレンズが原因の写り込みに見えます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です