ZEKEのサバイバル講座3  少しずつ作っていこう!

この記事は熊本地震以前に書いたもので、すでに商品が無くなっていたり
価格の変動も多々あります。

こんにちはZEKEです。

今回から、実際に災害避難ツールの選び方や基本バッグを作っていこうかと・・・と、思ったけど失敗しないように知識からにしました^^^。ゴメンナサイ。

前回迄にお伝えしました様に、全て、ご自身で作る。  (納得して作れます)。

とりあえずセットを購入。そして足りない物を追加する。 (結果的に高くつくと思います)。

どちらの方法をとっても宜しいのですが、私は経験というか、要らない物まで付いてきても嫌だったので、最初から自分で作成しました。

「偉そうに言うな!」と御叱りの言葉も聞こえそうですが、私は3年以上かけて、様々な物資を購入してきました。現在でも購入しています。

勿論、中には「こんなの要らないわ、失敗したわ!」ってこともしばしばありました。 無駄なお金も使いました

でも、それが経験となり皆様に損をさせない、選び方を伝えることが出来ることではないかと自負しております。(なんだ、偉そうじゃないかwww)。

丁度、避難用品のチェックをしていたら、オモローな物資が出てきました。

名は「救難食糧ER]って言います。海外ドラマの「救命救急ER」と間違えそうな品名です(笑)。

私は購入した保存食は全て試食してるのですが、さすがにこれだけは、食べていません。

なんというか、風邪薬と間違えそうなパックに入ってて、内容写真も見た目は「高野豆腐」そっくり(^○^)。

どうも「日本の船舶」に準備されている緊急食糧みたいです。

なので、味は二の次でカロリー重視の、まさに「生き延びる為の食糧」です。 注文がきてから作っていると言っていました。

販売元は「B萬有栄養株式会社」(ばんゆう)で5年保存です。 水とセットのもありますが、こちらは3年保存です。(水の関係でしょうね)。

興味ある方は調べてください。  話しがそれました。 自分で購入した物を全て書き出そうと思ったのですが、それでは読者の皆さんが混乱する、

と思い、あえて「あんしんの防災館」のセット、もしくはamazonのセットの内容を基準にしたほうが、ご理解頂けるのではないかと考えました。

ですが、ここで問題が一つ。 それは何日分を用意するかです。

「帰宅支援」は1~2日分あれば充分と思いますが、都会で地震等が起きた時に、何処に避難するかによって、

内容量が変わってきます。私は常々思うのですが、よく学校の体育館等に避難場所を設けているのをニュースで見ますが、

あれは実はかなりストレスが溜ります。それに警察や自衛隊、消防は先に取り残された人々の捜索にあたりますから、意外と後回しにされる事が多々あるのです。

まぁ、それでも毛布や急場凌ぎの食糧は配給されますよ。ボランティアの方々もいますし。(二重被害を避ける為、ボランティアの方は被災地には入れない)。

繰り返しになりますが、都会で直下型地震が起こった場合には体育館も被害にあっているのではないでしょうか?

車は当然使用出来ませんし、相当な距離を歩くことを余儀なくされます。 と、なるとラジオで情報収集して、その場に向かうしかないわけです。

そうなれば3日間位の避難物資では足りません。途中休憩もしないといけないし、なにより水の補充が大切です。

確かに、ちゃんとした災害対策をしているビル等ばかりであれば、下手に歩きまわるより、そこに居た方がよほど安心安全ですし、

他の方々も集まりますから小さな「コミュニティ」もできます。しかし、未だに手抜き工事が横行しているのは本当に困ったものですよね。

大手のショッピングモールなんかは解放してくれると思います。食糧や水もある程度はあるはずですが、

今はどこでも「トヨタ方式」なので在庫はあまり期待できません。そんな事を考慮すると、今のうちに、何処に避難するか二か所はチェックしておくべきです。

それに、あまりに人々が集まる所だと、必ず食糧を分けてくれとか言われます。 あげたいけど1度与えると全員に分け与えることになります。

私なら2階せいぜい3階までの家族が寝られる場所を探します。  用務員室とかあれば便利です。 いろいろ揃っていますし。

食糧問題もそうですがプライバシーを守る為にもです。  そうなると、やはり7日分以上の蓄えは必要になります。

前にも言いましたが人は1日に最低2㍑の水が必要です。7日分となると実に14キロになります。

一人でそんなに持てるはずがありません(自衛隊じゃないのだから)。プラス様々な物資が加わります。 分散しておくのがベストです。

問題はやはり購入金額ですよね。上記の「防災館」あくまで一人分です。種類はエキスパート2万3千円。アドバンス1万7千円。スタンダード1万円。

そして順にカセトガスから固形燃料、ヒートパックとレベルが落ちていきます。 そうなればamazonの「リュック3個付」(2個付が見当らない?)。

のほうが良い感もしますが。家族の人数も考慮して選ばないとならないですね。どうせ中身は貧相な物ばかりですが、一応は全て見比べてください。

カートは有れば良し、無ければホームセンターで買えば良いですし、カセットガスは風防がないと役にたちません。

まぁ、風さえなければ温泉で鍋物についてくる青い固形燃料でも充分、炊飯はできます。

強いて言えば牛乳パックでもできるのです。YouTubeで検索して動画を見てください。だけど洗う水がもったいないですよね。

と、なれば尾西のアルファ米が一番かと。水のみだと60分の時間がかかりますが、予め作っておいて、モーリアンのヒートパックに入れればホカホカ(熱いかも)

になりますし、他に缶詰も入ります。私の基本は「朝は紅茶&ビスケット、昼は無し、夜はアルファ米」です。ヒートパックのパックは5回以上使用できるので、

中身だけを余分に揃えています。 ところで皆さん、避難先で1番困るのは何か解りますか? 答えは「排便」です。 男性の小便は、そこらですませば良いですが

女性はそうはいきません。 そこで私がバッグに詰めているのは45㍑の黒色のビニール袋です。 これは便座と便器の間に挟めばピッタリサイズですし、

野外で行う場合はポンチョかアルミシートで隠せばOKです。使用後は可燃物として捨てられます。 今では殆ど100均で購入できます! 

100均も大手のダイソーだけでなく、他にも見てまわって下さい。思わぬ掘り出し物が結構見つかりますから! 

リュックも男性は容量30㍑は欲しいですが、結構な価格です。

お金かけないで作る為には分担するか、カートを併用するのが良いですね。  色にこだわらないなら「処分品」を購入するのもアリですよ。

あ、「カンパン」は絶対に買ってはいけません。喉がメッチャ乾きます。お米も研がないで出来る「不思議な米袋」なんて物もあります。でも水がもったいないか。

ここまで読んだ方は「あんしんの防災館」やamazon等を検索して、どんな商品があるか調べておいてくださいね。(ブックマークに入れておいてね)。

次回は必ず必要な医薬品や、ホームセンターで買う物。 100均で買う物 等々いろいろ紹介しますね。        by  ZEKE