東京は首都機能を失う!!

恐らくこの先、東京近辺は壊滅することになるでしょう、と私は伝えてきましたよね。

そう、東京は首都機能を失ってしまうのです。

というより、東京が日本の「首都」だということは、
私たちが勝手に思い込んでいるだけで、
本来は東京が首都だという決まりはないのです。

本当の首都は、今でも「京都」なのです。

それが証拠に天皇陛下の本家は現在の皇居ではなく「京都御所」です。

なので、しばらくしたら天皇は京都御所にお戻りになる…
と私が言っていたのは、そこにあるのです。

今後、東京は首都機能を失い、それに代わって首都となるのが京都や大阪などの近畿地方です。

つまり、そのことを前もって知っているからこそ、
橋下氏と石原氏が大阪に力を入れているというわけです。

だから「日本維新の会」は党本部を東京都内に置かず、大阪府内に置いている唯一の政党なのです。

因みに、わが党の事務局を敢えて大阪に置いているのも、そうした理由があるからです。

大阪府も京都府も「府」が付くのに対して、東京はなぜか「都」が付きますよね。

実はこれは、首都を意味する「都」ではありません。

もともとは東京も昭和18年までは「東京府(とうけいふ)」でした。

次の画像は東京府庁(とうけいふちょう)

image039

それを敢えて東京都にした理由は、本来なら京都に住まわれているはずの天皇が、
一時的に東側に遷られたということで「東の京都」を表現しているのです。

今では「東京都(とうきょうと)」と呼んでいるのですが、
実際は「東京都(ひがしきょうと)」と言う呼び方が正しいのです。

日本という国はこのように様々なところにトリックやカムフラージュが施されています。