熊本地震の動画

YouTube Preview Image

 

2016年4月14日、私は同士の大和さんとの対談動画を編集していました。

この日は私が行っているアカデミーの更新日(毎月14日)ということもあり、
同時にシステムの更新作業を行っていたのですが、
この2つの作業が終わりかけていた21時26分、それは起こったのです。

もう既に夜になっていたので、部屋の電気をつけてカーテンを閉めていました。
ところが、カーテン越しに、何やら尋常ではない物凄い光が差したのです。

私は何だろうと思い、腰掛けていた椅子から立って、横にある窓から外の様子を見てみることに…

すると、なんということでしょうか、
私の位置から約100〜200メートル付近に青白く光る眩しい閃光が…
というより火球があるではないですか。

中心は白く、外側が青もしくは紫に光る大きな球体でした。
まるで、3.11地震の時に、仙台の定点カメラに映り込んだ、あの謎の光と同じでした。

これがその動画

YouTube Preview Image

 

動画では「変電所の電気がショートした」と言ってますが、
私の自宅の前に変電所などはありません。

つまり仙台の定点カメラに写り込んだ閃光も変電所のショートなどではないということです。

私はすぐに地震兵器プラズマ弾だと察し、とてつもなく恐ろしくなりました。

そしてその瞬間、ゴーッという地鳴り、ドーンという轟音とともに、
下から突き上げるような大きな揺れが起こったのです。

ほぼ、吹っ飛ばされたような感じで、全く立っていられず、
その後、大きな縦揺れと横揺れが入り交ざった揺れが続き、
家具はまるで生き物のように暴れまわります。

テレビは倒れて台から転げ落ち、PCも机から落ち、
停電になったり、電気が付いたりが続き、
建物のミシミシという音、ガチャーンと茶碗や皿が割れる音が聞こえますが、
とにかく揺れが大きすぎて、そこからしばらくは動けず、どうにもできません。

開け閉めには重い高さ180センチほどのサッシの窓が右に行ったり左に行ったり…
棚の上にある物は、全てなだれ落ち、もう家の中は一瞬にしてグチャグチャ。

そう、これが熊本地震の「前震」と言われている第一発目です。

地震直前に出たその火球らしき光は、大きな揺れが収まるまで光ってました。
恐らく時間にして15秒くらい(あくまでも体感時間)だったでしょうか。

暫くは、なす術もなく呆然としてましたが、やがて電気がつき、気を取り戻し、
そして、あの火球は、私を狙って衛生から撃ち込まれたものだと思ったのです。

実はアカデミーで、ちょっとヤバイ話を題材にしていたせいか、
3月下旬から地震が起こる数日前まで、人間業とは思えないような闇の勢力による攻撃が続いてて、
それは私の仲間の数名も受けていて、やっと落ち着いたと思っていた矢先の地震でしたし、
しかも、自宅の前でそんな謎の発光現象が起これば、
そりゃ誰だって自分を狙ってきたと思います。

この時ばかりは、本当に殺されると思いました。

これまでの人生の中、色んな恐怖を体験してきましたが、
ここまで恐怖を覚えたのは、初めてかもしれません。

それほど恐ろしい地震でした。

因みに、ジークさんが投稿された記事には、
私の部屋から閃光までの距離は3〜4キロだと書かれてますが、
これは私の居場所が特定されないように機転を利かせて、敢えてそう書いて下さったものです。

あくまでも目測ですが、実際は火球までの距離は200メートル以内だと思います。

こちらが、そのジークさんの投稿 ⇒ クリック!

因みに、まさかの熊本での大地震で、
多くの方が私を狙った地震だと思っているようですが、そうではありません。

もしそうだとすれば、これだけの被害をもたらし、
多くの人に迷惑をかけて謝罪のしようがありません。

私も最初は自分でそう思いましたが、
後にそうではないということが分かりましたので誤解のないようにお願いします。

続きの記事はこちら ⇒ クリック!

Kumamoto earthquake