(番外編3)物質重視の社会と1世紀クリスチャンの精神

Mr.アンダーソンです。

天は偽預言の成就を計り、それは物理的事象でしかなかった。

そしてそれは日本の霊性を破壊しつづけ、
それは荒廃しつづけるだろう。

1世紀にイエスキリストが地上で苦労し
十字架につけられたことは無駄になるかもしれない、

なぜなら彼は貧しく、GODに忠実とよべる人々を見捨ててきたからだ。

彼(イエスキリスト)は昇天後に物理的にしか地上の事柄を考えなくなり、
結果1世紀に彼は地上で単に苦しんだといわれかねない。

貧しくといえども忠実な者を救うという原則は、
現在にいたりくずれたといいわねばならない。

すなわち彼は多くのお金を稼いで、1世紀の地上で神の王国を
広めればよかったということになる。

彼ら1世紀のクリスチャンがその基本精神をいつしか忘れ、
お金で地上を支配し、貧しき忠実なものを
見捨ててきたことは非常に残念なことだ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
UFO聖書研究会
————————————–
ホームページ:http://ufobible.net/
代表・著者:Mr.アンダーソン
MAIL:1@ufobible.net
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) UFO聖書研究会 All rights reserved.