皮膚がんの原因は日焼け止めにあった

平民です。

まず知らなくてはならないことは、日焼け止め成分です。

紫外線反射剤や紫外線吸収剤をいれることで紫外線から肌を守る成分を含有しています。

その含有物は酸化チタンや酸化亜鉛が代表的でいずれも発がん性物質です。

更に多くの化粧品に登場する界面活性剤(成分表記名は多岐にわたる)が毒性成分を細胞奥深くまで浸透させる役
割を果たし細胞破壊を助長させています。

また、もし「オキシベンゾン」という化学物質が入っている場合は、DNAを直接攻撃し、皮膚病、皮膚炎、皮膚がんを引き起こす非常に危険な有害化学物質と言われています。

(毒性があっても微量~%なら使用を認可ということで化粧品メーカーがこぞって使っています)

さらに本来なら太陽光で得られるはずのビタミンDが、紫外線カットによって食物からだけでは十分に体内摂取できず、結果、ビタミンD不足によるカルシウムの代謝障害などの健康面でおまけの悪影響も出てしまうのです。

平民