福岡県母親大会② 森住卓講演「放射能から 子どもといのちを守ろう」

YouTube Preview Image

————————————-Oneness TVさんより転載————————————-

第54回 福岡県母親大会 パート2
森住卓 講演『放射能から 子どもと いのちを守ろう』―みつめよう 日本の未来―

チェルノブイリ、福島ともに長期間取材されたフォト・ジャーナリストの森住卓さんが、­貴重な写真とともにお話下さいます。

●日時 2012年10月14日(日)13:00~15:30
●場所 春日市クローバープラザ(春日市原町3-1-7)
http://www.cloverplaza.or.jp/

●母親大会とは
母親大会は誰でも参加できる話し合いの広場です。
「生命(いのち)をうみだす母親は生命を育て生命を守ることをのぞみます」のスローガ­ンをかかげて、お母さん・女性の戦前戦中の記憶、戦後の運動を次世代に継承し「いのち­守る社会」をゆるがぬものにしたいと始まった日本の女性運動の一つです。
今年の福岡県大会は、フォトジャーナリストの森住卓(たかし)さんの講演会です。

●森住 卓さんのプロフィ-ル
1951年神奈川県生まれ。1994年世界の核実験の被爆者の取材開始、1999年週­刊現代のドキュメント写真大賞を受賞。劣化ウラン弾の被爆者を取材し2002年、写真­展「イラク―湾岸戦争の子どもたち」は日米で巡回された。2011年3月11日東電福­島原発の事故直後のようすを取材し双葉町役場付近ですべての放射線測定器がふりきれた­と報じた。
現在、写真マガジンfotogazet( http://www.fotgazet.com/ )を立ち上げ、活躍中。
森住卓HP: http://www.morizumi-pj.com/