Mr.アンダーソンです。

裂かれる3国という偽預言の解釈はインドでされ、
それはハルマゲドンのシナリオがすでに設定されているために、
必然的に生じたのです。

その理由は次のとうりです。

ロズウェル事件のおきた1947年7月以前には
まだハルマゲドンのシナリオは描かれていなかったが、
そのロズウェル事件の発生後に隠蔽という処置がとられて、
直後に偽ハルマゲドン(ソ連VSアメリカ)というものが設定された。

その偽ハルマゲドンなるものは次のメルマガで詳述するように、
地球製のUFOがソ連(ロシア)の原発を破壊してひきおこされる、
世界的な軍事的緊張状態のことであるのです。

2012年にいたる今でもその古い計画は維持されていて、
その最終的なシナリオのために必然的に
もう一つの偽預言といえるものも生じたのです。

それが911テロ後のアフガニスタン戦争、イラク戦争である。

そのアフガニスタン、イラク、
そしてイランという国が3つに裂かれるという
解釈は誤りであり、それはトルコ、シリア、イランというものが
3つに裂かれるというのが正しい解釈であるのです。

その裂かれる3国の解釈はどこでされたか?

というと、実はそれはインドだったのです。

インドの聖者サティア・サイババは
シルディ・サイババの生まれ変わりであると称して、
GODの代役として天に選ばれたのです。

彼(サティア・サイババ)は自らの側近、
あるいは自分の所有する寺院などにいる賢者に、
その裂かれる3国の解釈を任せたようです。

その結果はアフガニスタン、イラク、イランという誤った結果になり、
後の2011年の9月11日のテロに発生した軍事侵攻は
皆さんのしるとうり不可解なものとなってしまったのです。

ここで、私は預言者として彼らサイババもしくはその側近に同情するのです、

なぜなら偽ハルマゲドンという誤った結果のために、
必然的に裂かれる3国も誤りになってしまったのです。

預言という本質において、地上にいる人間には
避けられなかった結果であると考えています。

その仮想設定されたハルマゲドンのシナリオについては、
次のメルマガで詳述します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 UFO聖書研究会 
————————————–
 ホームページ:http://ufobible.net/
 代表・著者:Mr.アンダーソン
 MAIL:1@ufobible.net
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) UFO聖書研究会 All rights reserved.