第17回◆偽預言ハルマゲドンと孤立するイスラエル

Mr.アンダーソンです。

今、現在イスラエルは孤立状態にあります。

それは、日本への原爆投下、その後におきた
ロズウェル事件時に立てられた偽りの
”ハルマゲドンの計画”に原因があったのです。

そのハルマゲドンの計画とは、
ソ連にある原子力発電所を地球製のUFOで破壊するというものであり、
机上の空論であったのです。

その計画には2つの致命的欠陥がありました。

1つには地球製のUFOが今現在も、その製造に成功していないこと。
(地球製のUFOの製造を試みてはいます)

2つめには、ハルマゲドンでソ連(および中国)VSアメリカという
軍事的緊張状態を発生させるために、
ソ連の原発を破壊するという計画の時点において、
ソ連には破壊すべき適当な原発が存在していなかったということ

(今もってそのような原発は存在しないし、今後も建設されることはありません)。

*アメリカで地球製のUFOを開発しているというのは、本当のことである。

それはその地球製UFOでソ連の原発を破壊し、
ソ連(および中国)VSアメリカという構図をつくりだすことにあったのです。

この計画のためにイエスキリストの兄弟姉妹は
自らを宇宙人と名乗る必要があったのです、

なぜなら世界の軍事的緊張状態をつくりだすために、
宇宙人が原発を破壊したという大前提が必要だったからなのです。

この嘘、すなわち”UFO=宇宙人”
というものが世界を覆っている大嘘なのです。

(1917年におきたファティマの奇跡の時点においては、
イエスキリストの兄弟姉妹は自らを宇宙人とは名乗っていなかったのです。

ロズウェル事件後に彼ら(彼女ら)はこの偽ハルマゲドン計画のために、
自らを宇宙人と偽ることを強いられたというわけです。

バチカンが発表するとされていた、ファティマの第三の予言において、
その秘密は明らかにされる予定だったのですが….

結局それはロズウェル事件の発生によって延期され、
もっと後においてもその真実は公表されませんでした。)

-当ホームページの記事一覧”
ファティマの第三の予言”を参照してください。

上記のようにハルマゲドンの計画そのものがずさんであったし、
またそれはソ連(および中国)VSアメリカという構図そのものが
実はあやまりであったです。

預言書ダニエル書において、ハルマゲドンは”北の王”
と”南の王”がその勢力を競い合うようになると記述されているが、
実際はその北の王とは”ソ連”のことを指し、
南の王とは文字どうり”中国”を指していたのです。

なぜならソ連は北に位置し、中国はその南に位置するからである。

誰かがその”北の王”をソ連(および中国)、
そして”南の王”をアメリカと解釈しあやまり、
結果として東西冷戦という古い構図がそのまま
ハルマゲドンという最終シナリオにまで仮想設定されているのです。

本来なら東西冷戦は終結し、
ソ連(ロシア)と中国がその力を競り合うというのが、正しい解釈です。

このソ連VSアメリカという古い構図には
さまざまな問題が今現在生じています、

その1つは日本の沖縄へのオスプレイ配備問題でしょう。

この仮想設定された偽預言のハルマゲドンのシナリオには
さまざまな問題が生じています、この点については今後とりあげます。

*このソ連(および中国)VSアメリカを構図を維持する過程において、
もう1つの予想外の問題がおきたのである。

それはチェルノブイリ原発事故である。

その事故は予想以上に大きな被害をもたらし、ソ連崩壊の引き金になった。

現在あまりしられていないが、ソ連崩壊の大きな要因の1つは
チェルノブイリ原発事故である。

その事故によってソ連(および中国)VSアメリカという構図はくずれ、
仮想設定されたハルマゲドンのシナリオの構図も崩れた。

*しかし天はそのj構図を維持するために
ロシアの再統一を図ったことを記録しておかなければならない。

近年のロシア再統一は不正選挙が横行し、
結果人々は天に対する不信感を抱いたであろう。

ロウズェル事件時に立てられたハルマゲドンのシナリオを、
天は何とか維持しようと試みたのです。

もちろんそのチェルノブイリの大事故によって、
結果的にソ連VSアメリカという構図がくずれ、
本来の預言(ロシアVS中国)は維持されていたいうことも考えられる。

それは地球に住む我々にとって皮肉かもしれない。
チェルノブイリの惨劇によってすでにハルマゲドンは
達成されていたとも解釈できるからである。

*ソ連VS中国といシナリオをくんでおけば、
チェルノブイリ原発事故はそんな大きな被害にならなかったのかもしれないし、
ソ連VS中国という構図も崩れなかったかもしれない。

なぜならチェルノブイリ原発事故も聖書預言の1つだからであり、
預言という本質において、チェルノブイリ原発事故と
ハルマゲドンというものは一体不可分であるのです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 UFO聖書研究会 
————————————–
 ホームページ:http://ufobible.net/
 代表・著者:Mr.アンダーソン
 MAIL:1@ufobible.net
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) UFO聖書研究会 All rights reserved.