第19回◆ロシアの再統一と石油産業国営化

Mr.アンダーソンです。

近年ロシアにおいてプーチンがロシアの大統領に帰り咲き、
任期6年の2期連続で計12年の支配体制が確立しつつある。

http://ufobible.net/images/19-1.jpg

このロシアのプーチンが大統領に戻り、
その任期が6年に変更されたのにはわけがある。

実はこのプーチンはロズウェル事件時に立てられた偽
ハルマゲドン計画の中に、過去の大統領時代において
既にくみこまれていたのである。

このプーチンは2000年から2008年において大統領の座についていて、
彼ら(エイリアン)と面会し、
偽ハルマゲドンにおいてロシアを指揮する者として選ばれていたのである。

以上のような理由により天はプーチンなくして
偽ハルマゲドンを達成できないと考えて、
無謀な第3期、第4期の大統領に擁立したのである。
(偽ハルマゲドンについてはメルマガ17を参照)

*ここで断っておかなければならないが、大統領職を3期連続行うことは
世界において認められていないという事実である。

それはシビリアンコントロールの原則が崩れ るからである。

しかしプーチンは2期大統領という職の後に
一時的に首相についたという理由ゆえに、
今度も2期大統領職についてもよいという
おかしな論理が展開されたのである。

この第3期、第4期の大統領職、
しかも1期6年(普通は4年)計12年という独裁体制がしかれたのである。

その選挙は不正が横行し、モスクワで大規模なデモが行われたほどである。

http://ufobible.net/images/19-2.jpg

これらのおかしな独裁体制の続投は、
偽ハルマゲドンをなんとか維持しようと試みる天の計略なのである。

もう1つ断っておかなければならない。

それはおこりえない偽ハルマゲドンの軍事的緊張のために、
天は石油をコントロールしなければならなかったということである。

この石油のコントロールははるか昔から行われてきたが、
それはロシア(及び中国)VSアメリカという構図の軍事的緊張を
終わらせるために、石油のコントロールは欠かせないからである。

あまりしられていないが、プーチンの大統領再選後におきた
石油産業国営化の裏にはこういった事情があるのです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 UFO聖書研究会 
————————————–
 ホームページ:http://ufobible.net/
 代表・著者:Mr.アンダーソン
 MAIL:1@ufobible.net
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) UFO聖書研究会 All rights reserved.