Mr.アンダーソンです。
はるか3000年以上も前に荒野をさまようイスラエル人を導いたのは、

天使長ミカエルであったのです。
彼は天地創造の神GODに忠実に使え、

イスラエル人を現在 の約束の地であるパレスチナへと導いたのです。

はるか後 の現代、湾岸戦争で、彼は自らの巨大なUFOに乗り、

”システム上の神”が定めた領域を超えて

その戦争を疑問の 目で見にいくことになったのですが……
後にその疑問は的中し、イラクでの大量破壊兵器未発見を招くのです。

後に、タカ派で知られるラムズフェルド国防長官は当時こう結論づけた

「湾岸戦争でイラクを打倒しておくべきであった」と …
★ラムズフェルド国防長官
http://ufobible.net/images/3-1.jpg

天使長、彼の行動はシステム上の 神を打破して

天地創造の神GODが意図した

地球のありようを私たちに提唱していたと考えるべきです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
UFO聖書研究会
————————————–
ホームページ:http://ufobible.net/
代表・著者:Mr.アンダーソン
MAIL:1@ufobible.net
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) UFO聖書研究会 All rights reserved.