米国そのものが世界

WTC(世界貿易センタービル)を設計したのは、
日本人だということをご存知でしょうか?

この方が日系米国人で建築家のミノル・マサキ氏でWTCの設計者です。

建築家 ミノル・ヤマサキ

建築家 ミノル・ヤマサキ

NY(ニューヨーク)は摩天楼なので、
過去にはビルに飛行機が何度かぶつかったことがあるようです。

エンパイヤステートビルにも飛行機が突っ込んだことがあり、
それ以降に建てられたWTCは、その教訓から旅客機がぶつかっても、
崩壊しないような設計になっていました。

WTC

にも関わらず、9.11では一気に崩壊しました。

なぜ崩れたのでしょうか?

実は9.11が起こる前、WTCからは変な音がしていました。

日本の日曜日といえば多くの店が開いてますが、
NY…とくにNYのビジネス街は、ほとんどの店が閉まっています。

それどころか人だってほとんどいません。

そうした人のあまりいない日を選んで、
何週間も前からWTCでは工事が行われていました。

その工事とはエレベーターの壁の隙間でやっている工事でした。

いったい何の工事だったのか?

日本では許可されてませんが、
米国ではビルを解体する場合、火薬を使って爆破させます。

米国のビル解体の映像は、
テレビで多くの人が見たことあると思います。

WTCの崩壊は、まさにビルの解体工事と同じ崩れ方でした。

ということは、何週間も前から行われていた工事は、
ビル解体用の爆弾を仕掛けるための工事だったのではないでしょうか?

WTCの崩壊時時の映像をスローモーションで見ると、
何ヶ所も仕掛けられた爆弾が爆発しているのがわかります。

米国のブリガムヤング大学の建築専門家は、
あれは自然な崩れ方ではないと物理的に証明してます。

9.11が米国の自作自演だったことは、もう多くの人がご存知ですね。

米国は自国に対して何故そんなひどいことが出来るのか?
と思うのは平和ボケした日本人くらいです。

日本人は単一的な民族ですが米国は世界の民族が集まった国です。

つまり、米国そのものが一つの世界と考えるべきなのです。

米国人の頭には米国人という一つの塊は存在しないのです。

なので自国民を殺すことなど平気です。

ペンタゴン(米国防総省)に突っ込んだのは旅客機ではなく、
巡航ミサイルでした。

巡航ミサイルだったという証拠は、
現地で消火活動を行った消防隊の隊長が撮った写真の中にありました。

巡航ミサイルのブースターが転がっているところが、
その写真に収められていたのです。

しかしその写真は、今となってはどこを探しても出てきません。

なぜか?

そう、証拠隠滅されてしまったのです。

では肝心な本物の旅客機と、その乗客はいったいどこへ消えたのでしょうか?

実はある米軍の基地に強行着陸し、
米軍が乗客を降ろし、ある場所へ連れて行かれたのです。

その後、乗客が帰ってくることはありませんでした。

乗客がどうなったかは、おおよその見当がつくと思います。

米国という国は自国に対しても、自国民に対しても、
あのような大犯罪を容易に犯すことができるのです。

日本に対しては当然もっと酷いことができることは明らかです。

だから広島と長崎に投下する必要のない原爆を落としたのです。

人体実験のために・・・

あれは人体実験だったから米軍は上空から銀紙を撒いたのです。

空からキラキラしたものが降ってくるのを見て、
日本人は「あれは何だ?」と騒ぎ始めます。

家の中にいた人でも、外の騒がしさに反応し、
多くの人が表へ出たことでしょう。

多くの人が表に出たところで、原爆を落とし炸裂させたのです。

そんなひどいことを簡単に行えるのが米国です。

米国人にとって日本人は恐らくモルモット感覚なのでしょう。