謎の会社 シード・アンド・カンパニー

平民です。

アメリカの中枢を担う大企業の多くに、大株主として君臨しているシード・アンド・カンパニー(Cede & Co.)という謎の会社があります。

この会社の業務を調べていくと驚愕の事実が判明。

それは『証券全ての所有』でした。

シード・アンド・カンパニーは、誰が経営しているのかも、誰の持ち物なのかも不明な、完全なペーパー・カンパ
ニーなのですが、株式支配している会社がすごいのです。

NYSEユーロネクスト社の子会社であるシード・アンド・カンパニーは、連邦準備制度の一機関であるDTC(depositry trust company:証券振替機関)のパートナーとして、DTCが処理する株式や債券をすべて所有しています。

証券の電子化により、業務管理の効率化のために代理としてDTCが必要になります。

シード・アンド・カンパニーはDTCとして、証券の実際の所有者として代理業務を担っています。

つまり、電子上で証券の取引をするということは、自分の資産を増やすのではなくDTCの資産を増やすことになります。

シード・アンド・カンパニーは、とりあえず現代の取引のシステムであるデジタル処理をされる米国中の株や債券
をすべて所有していて、しかもそれは、法律でシード・アンド・カンパニーがその株や債券の実際の所有者として完全に認められているということです。

NISA制度の開始を期に様々な金融機関が口座開設を勧めていますが、電子上で取引をする以上、あなたが証券の所
有者になることはありません。

副業や資産形成・お小遣い稼ぎなどでも注目されている株取引。

簡単に始められますが、それはあなたの資産ではなく『誰かの資産』を増やすことだということを頭に入れておい
てみてはいかがでしょうか。

<株式支配している会社> 

カッコ内はシード・アンド・カンパニーが保有する発行株の割合

ヒューレット・パッカード(発行株の94%を保有)

シティグループ(発行株の87.9%を保有)

バンク・オブ・アメリカ(発行株の92.6%を保有)

ボーイング(発行株の69.79を保有)

JPモルガン・ チェース(発行株の95.70%を保有)

モルガン・スタンレー・アジア-パシフィック・ファンド(発行株の99.81%を保有)

イー・アイ・デュポン・ドゥ・ヌムール・アンド・カンパニー(発行株の93.56を保有)

コリア・エクイティ・ファンド(発行株の99.79%を保有)

マクドナルド・コーポレーション(発行株の60.0%を保有)

UBS(発行株の14.15%を保有)

平民