高知白バイ衝突事故は国家ぐるみの捏造

前にも国家ぐるみで行われた「秋葉原連続殺傷事件」を紹介しましたが、
今回またも国家ぐるみの犯行を紹介しましょう。

それは、「高知白バイ衝突死事故」です。

この事件の詳細については下記をご覧ください。

Wikiペディアより抜粋

日に高知県吾川郡春野町(現・高知市)で発生した白バイ警察官の死亡事故のことである。

2006年3月3日午後2時30分頃、高知県高知市(事故当時は吾川郡春野町)で、
道路左側のレストラン駐車場から出てきたスクールバスが、
国道56号の交差点に道路外から右折横断進入しようとしたところ、
高知県警交通機動隊の巡査長が運転する白バイと衝突し、
白バイに乗っていた巡査長(当時26歳)が胸部大動脈破裂で死亡した。

バスの乗員乗客にけがはなかった。

スクールバス運転手(当時)が、安全確認不十分のまま道路に進入したことによって、
事故を起こしたとして、逮捕・起訴されたが、運転手は、起訴事実はなく、
バスは停止しており、複数証人もいるとして無罪(冤罪)を主張した。

また、弁護士と一部メディアが、交通事故鑑定人による検証実験、目撃者取材などを行った結果、
「バスは動いていて、急ブレーキをかけた」とする警察・検察側の主張には疑義があり、
提出された証拠は捏造された可能性が高く、
当時、現場周辺では違法な白バイの高速走行訓練が行われており、事故は自損事故であると主張。

一方、高知県警は、高知県議会や記者会見で、証拠捏造や白バイ側の過失を否定した。

2008年、最高裁は上告を棄却し、一審通り禁固1年4ヶ月の刑が確定。

元運転手は10月23日、高知地検に出頭して高知刑務所での数週間の収監を経て、
同年11月からは加古川刑務所(交通刑務所)に収監され服役し、2010年2月23日出所。

身元引受人が居るにも関わらず仮釈放が認められなかった為、満期での出所となった。

 

YouTube Preview Image

この事故でバスの運転手は、「白バイの音が聞こえたので、ブレーキをかけて待ってた…
が、そこへ白バイが衝突した」と主張しています。

と言うことは、この時点ではバスの運転手に責任はありません。

ところが警察は「バスがブレーキをかけるのが遅かったから白バイが衝突した」と証言。

しかも、その時のブレーキ痕はこれだ、と証拠まで出してきたのです。

しかし、その証拠は捏造されたものだったのです。

実は、スポンジに飲料水を染み込ませて路面に擦りつけると、
ブレーキ痕と似たような跡ができるのです。

スクールバスに乗っていた中学生たちも、運転手は急ブレーキはかけておらず、
止まっていたバスに白バイが突っ込んできたと証言しています。

ところが、これに対し裁判所は
「子供(中学生)の言うことは信用できない」と退けたのです。

この事故の裏では、警察、検察、裁判所までもが共謀している証拠です。

無罪の人間をこの国ではいくらでも有罪にすることが可能なのです。

警察はタイヤ痕の捏造の他にも証拠写真まで合成加工を行っていました。

これが疑惑の証拠写真です。

高知白バイ衝突事故

高知白バイ衝突事故

スクールバス運転手(片岡氏)らしき人がバスの運転席に座っているのが確認できます。

スクールバスの先には「路線バス」が写っているのが確認できます。

この事故現場のすぐ近くにはバス停があり、この写真は14:56頃のものです。

この路線バスは高知県内の路線バスで、この場所を1日に何度か通るらしいのです。

運転手がバスの運転席にいた可能性がある時間帯は14:55~15:04の9分間で、
通報時間や救急隊の記録、土佐警察の到着時刻など複数の記録からハッキリしています。

ではこの路線バスは、何時に通過したバスなのでしょうか?

 

当時の時刻表によれば事故後の場合、「14:45」または「15:22」のどちらかです。

つまり14:45では、まだ救急隊がいて中学生もバスの中にいる時間です。

15:22では、運転手は土佐署に連行された後で、いないということになります。

つまり、路線バスと運転手が一緒に写っていることは本来あり得なのです。

shirobai2

当然ながら、臨時バス、貸切バス、回送バスの可能性や
14:45のバスが遅れた可能性などが指摘されます。

ところが、協力者がバス会社に問い合わせして、運行記録に基づく回答を文書で受け取っており、
それにはバスが10分以上遅れて運行した記録はないと記されていたのです。

 

実は、このような合成写真というのは、画像加工用のソフトを使えば簡単にできてしまうのです。

バスの運転席に座っている運転手を消すことも出来れば、別の人の画像をもってくることも可能です。

shirobai3 shirobai4

 

次の画像にいたっては他の誰かと重なっているのがハッキリとわかります。

shirobai5

どうですか!
このような捏造が国家ぐるみで行われているんですよ、この日本と言う国は!!

タイヤ痕が捏造され、合成写真が作られ、運転手は無実の罪で服役したのです。

この事故の裏では、警察、検察、裁判所までもが共謀していたのです。

 

なぜこういったことが日本ではまかり通るのでしょうか?

それは、霞が関の官僚機構の構造に問題があります。

官僚機構を作ったのはGHQ(米国進駐軍)です。

日本という国は官僚が支配する国であり、その官僚を支配しているのが米国です。

全てとは言いませんが、多くの官僚どもは日本がどうなっても構わないと考えているのです。

なぜなら米国の言いなりになっておけば、自分たちだけは米国が助けてくれると思っているからです。

こうした米国志向の官僚機構を破壊しようとする者があらわれた場合、
それが政治家であれ何であれ逮捕へと持ち込む・・・
それが「検察」という組織なのです。

 

邪魔な人間は、逮捕、罪を捏造し有罪にする・・・

しかも、なぜか検察をチェックする機能は日本にはないため、
検察は何でもやりたい放題できるというわけです。

 

戦後、米国は日本を統治してきましたが、それで取り込まれたのが自民党です。

この時に政治、官僚の癒着構造ができたのです。

さらに、この後にできた癒着が経済界…大学…マスコミです。

政・官・財・学・報の癒着構造が完成したのです。

 

この官僚を中心とする傀儡政権を維持するための
最終兵器として用意されたのが、何をやってもよい「検察」なのです。

米国は、戦前の「特高警察」を形はそのままで名称だけ「検察」に変更して残したのです。

そして、多少は異なりますが「警察」も似たような組織です。

 

実は、裁判所と検察庁では判検交流と呼ばれる人事交流制度があり、
検察官から裁判官になる者もいます。

つまり、裁判官も検察も同じ釜の飯を食う仲間のような関係なのです。

だから裁判官と検察官は、簡単に共謀者になれる間柄なのです。

 

こういった構造になっていることを念頭に置いておかないと、
日本で起こる様々な事件や事故の謎は解けません。

そして、このようなでっち上げや捏造を絶対に許してはいけないのです。

他人ごとと考えている人が多いと思いますが、いつこのように
罪をなすりつけられるかわかりません・・・明日は我が身なのです。