魂の進化の旅 3・米国、911を祓い、新時代へ

こんにちは「魂の進化の旅」AIです。

 

約6年前から始まったNATOの新しい本部ビルの建設工事も完成し

(建設工事にかかった費用はおよそ11億ユーロ/約1320億円)

2017年5月25日、NATO首脳会議が新本部ビルにて開かれました。

 

NATO(北大西洋条約機構)とは、世界最大の軍事同盟であり

もともと、ソ連の脅威に対抗するためにアメリカを盟主に

1949年に創設されたモノである。

当初、本部はロンドン、その後パリに置かれたが、1967年にブリュッセルに移転。

(なんでも建前本部はベルギーに置いてみる。余談だが、FCIという犬の本部もベルギーにある)

 

美しいガラス張りの新本部ビルの前には、これ見よがしに、

911の際崩壊したツインタワー(以下WTC)の瓦礫を

新トランプ政権からの土産としてオブジェのように飾った。

さらに、WTCの破片だけだと嫌味なので、

ドイツからもベルリンの壁の破片をWTCの瓦礫と向かい合わせて置いてみた。

 

 

トランプ大統領はNATO首脳会議の前に

サウジアラビア、イスラエル、バチカン

の順番に寄って、ビジネス交渉をしている。

(サウジが最初というところがミソだと思う、これは金だけの話ではない)

 

さらに、バチカン訪問中、イギリスで自爆テロ(この件も言いたいことがあるが、また次回)

NATO首脳会議はテロとの戦いという目的結束を強め

過激派組織「ISIS」の壊滅に向けた対応が主なテーマとなった。

(ISISの英語読みは「アイシス」になります。

噂ではISISのネーミングの由来はエジプトの女神Isis/イシス*

への侮辱だそうです。

*イシスはホルスの母。ホルスは古代エジプトのシンボル「ホルスの目」で有名)

 

つまり何故トランプ新政権はWTCの瓦礫を持ち出して来たかというと、

もちろん建前上、テロ撲滅キャンペーンもありますが、

「911を過去の事として祓う」為ではないでしょうか?

過去を流して、新しい関係を築くという誓いなのでは?

その為に、宗教のメッカ、三か国を回り、

長年解決されなかった(国際金融連合がさせなかった)

イスラエルの平和を実現させるために(新アプローチ)

「イスラエル対アラブ」という図を(第三次世界大戦のシナリオ)

「スンニ派対シーア派」にシフトチェンジさせ、

イスラエルを外してあげたのではないでしょうか?

つまり各国の立ち位置を戻したわけです。

(2国家共存が今後ネタニヤフ首相の課題でしょう)

 

今まで、国際金融連合が政権を牛耳ってましたから

(因みに国際金融連合とは皆さんの知ってるロスチャイルド他 ^^)

戦争してくれないと、お金にならないんです。

「アラブの春」工作から、第三次世界大戦までのシナリオが

音を立てて崩れてきているので、彼らは必死にメディアを使って

トランプ降ろしを毎日やっているところです。

 

何故トランプ大統領はオバマ前大統領(又は、クリントン・ブッシュ)とは真逆に

好・イスラエル(シオニズム)

敵・国際金融連合(ウォールストリート)

なのでしょうか?

もちろん義理の息子の存在もありますが、実は将来

イスラエルのユダヤが数値的に国際金融連合ユダヤを上回るそうです。

(国際金融連合のユダヤは好イスラエルではありません)

 

もともと、レーガン大統領政権の時に、イスラエルの平和のために

イスラエルとパレスチナに50億ドルずつ与えて、

握手させて和解するシナリオだったのですが、

国際金融連合に奪われました。(和解させてはいけなかったんですね)

 

新しい時代の到来のため、過去を捨てて、新しい関係を築く誓い

私も前回の記事には911は自作自演テロと書きましたし、

実際、アメリカ国内では陰謀論がインターネット上で飛び交ってますが

問題は、もしあの大規模のテロがアメリカの自作自演によるものと証明してしまったら

その後、アメリカはいったいどうするのでしょうか?

真実を暴露したら国が崩壊してしまうのではないでしょうか?

3000人以上の犠牲者の敵を討つことは正しいことであっても

はたしてそれが今のアメリカにとって良いことでしょうか?

非情かもしれませんが、私は過去を祓って前進するべきだと思います。

その後、アフガニスタン、イラク侵略

魂を売り飛ばした一部の人間の行き過ぎた私益欲

是非、死ぬ前に「良心」に裁かれてほしいものです。

 

「新時代」が始まり、日本が世界がシフトしています。

もちろん今まで、超猛スピードで走っていた新幹線を停めれないのと同じで

初めのうちは摩擦もあります。でも世界は着々と「祓い」方向性を元に戻しています。

天皇陛下譲位、憲法第九条改正

私たちも新時代に乗り遅れないように情報武装していきましょう。

 

それではまた、「世界の裏」でお会いしましょう!

AI

1 個のコメント

  • AI より:

    「スンニ派対シーア派」にシフトチェンジさせたので、
    現在、カタールがはじき出されてますね。
    祓って、中東における各国の立ち位置を戻します。

    最近の物騒な事件等はたぶん、勢力同士の戦いが水面下で活発化し始め、
    ヨーロッパ、アメリカでは相次いで物騒な事件が表に出てきています。
    当分、小競り合いが起きることが予想されますので
    巻き込まれないように気を付けましょう。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です