魂の進化の旅 34・牡牛座 ♉・占星学(4)

こんにちは「魂の進化の旅」AIです。

いつも真面目な世界情勢やら何やらを執筆していますが
たまにはリラックスして楽しんでもらおうと思い、
わたしの趣味である占星学をこれから数回に分けて紹介します。

さあ、あなたはどんな気質?
当たってるかな?

今回は天体が牡牛座の位置の場合。

太陽が牡牛座
あなたはとても辛抱強い人で、じっくりと現実を見つめながら着実に行動することが好きです。あなたはのんびりと快適に過ごすのが好きです。心地良さや気楽さを楽しむあまり、自分に負荷のかかりそうな状況を避けようとするところがありますが、でもそれはあなたが人として成長するために本当に必要な経験でもあります。優しくて愛情を気楽に交感できるあなたは、人に好かれるでしょう。でも、もしあなたのおとなしさにつけ込もうとする人がいても、あなたを本気で怒らせてしまうとそう簡単にはすまされないことを思い知るでしょう。あいまいなゴールに向けて努力するのは苦手です。逆に自分の望む結果に向けてコツコツと努力するのは嫌いではないけれど、そのためにはまず、具体的なゴールを見定めておく必要があります。

月が牡牛座
あなたは慣れ親しんだ環境が与えてくれる温もりや癒しや安らぎが好きです。とても愛情あふれる優しい人ですが、同時に人から愛情や優しさを与えてもらうことも必要としています。とても我慢強くて小さなことで腹を立てたりしません。また困っている人を支え、助けることのできる人です。何かを始めようとする時は、行動を起こすまでが大変なようです。心地良い現状に別れを告げて何かに取りかかるのは、気が重いからかもしれません。感情面ではかなり頑固なところもあります。お金はしっかり貯める主義で、より良く稼げる方法を見つけようとします。でもあなたがしっかり者なのは、お金でわがままを買うためではなく、お金が与えてくれる安心感がほしいからです。

金星が牡牛座
あなたはとても心温かく、人に対して変わらぬ愛情を抱きます。ここで問題なのは、友達に対して、自分と一緒にいる時は自分だけに注目してほしいと思ってしまうことです。もう少し独占欲をコントロールできるようにならなくてはいけません。美しいものやぜいたくな時間を過ごすことが大好きです。食事にしろ買い物にしろ、自分を甘やかし過ぎないようにしましょう。他人と比べると、なぜかあなたの望みは楽にかなってしまうようですが、それでも欲しい物を手に入れるためには働かなくてはならないということに気付くべきです。あなたのことが好きだからこそ、周囲はいろいろとお膳立てしてくれますが、それに頼ってばかりいては怠け癖がついてしまうかもしれません。まわりに頼り過ぎず、自分のことは自分でするように心がけてください。

火星が牡牛座
仕事への取り組み方は慎重です。ペースはややゆっくり目ですが、その分だけ徹底して物事に取り組むため、いつも良い結果を出します。強情な一面もあって、速くやるようにと周囲がせっついても、自分のペースをくずしません。所有欲が強く、自分の持ち物をとても大切にします。欲しい物を見つけると、手に入れようと一生懸命頑張ります。大好きな人に対して強い独占欲を抱く傾向があるので、嫉妬心に苦しむこともありそうです。でも、ある程度は自由にさせてあげなければ、大切な友達を失うことにもなりかねません。怒りを表現するのが苦手で、我慢できなくなってキレるまでためこんでしまいがちです。やっかいなのは、あなたが内心怒っていることに気付きもしないで、我慢強そうな人だからと高をくくって調子に乗る人間がいることです。そんな人達に自分の気持ちをどう伝えるかはあなた次第です。

アセンダントが牡牛座
とても穏やかな人で、よく考えてから行動します。慌てたり急いで行動したりするのは好きではありません。かなり強情になる時もあるようで、誰かにプレッシャーをかけられると余計にムキになって逆らうことがあります。一見とても冷静で、落ち着いた印象を与えますが、それは気持ちを隠しているわけではなく、すぐに感情を外に出すタイプではないからです。また、あなたには素朴な優しさやフレンドリーな雰囲気があります。あなたは人生を心地良くぜいたくに過ごすのが大好きです。

著者: ロバート・ハンド

 

太陽が牡牛座のあなた
西洋の子供の絵本に登場するフェルディナンドという牛は牡牛座の性質をとてもよく表しています。
フェルディナンドは花の甘い香りを楽しみ、鳥の歌声を聴き、夏のそよ風に目を細める。
自分の小さな住処で、ゆったりと幸せな生活を送っています。
だけど、意地悪な蜂に刺されると、我を忘れて怒り狂います。

牡牛座の基本的な性質をうまく表す言葉は、大体次のようなものです。
温厚、もの静か、几帳面、楽しいこと好き、落ち着き、常識的・・・
よく、忍耐強い星座だと言われますが、それは努力して身に付けた長所ではなく、
「地」の星座として生まれ持ったものです。

そんなあなたは、貴金属、骨董品、フェラーリの名車など、
実際に目で見て触れることができ、不変の価値を持つものに安心感を見出します。
目に見えない精神的な豊かさ(たとえば夢や自己理解など)は牡牛座にとっては「豊か」のうちに入りません。
安心とは信じられることであり、信じられるとは具体的で、しかも不変であることを意味するのです。

現実主義者で、いわゆる野心家ではありません。
仕事が楽しくてお金が儲かれば、縁の下の力持ちでも気にしません。
勲章ではお腹はふくれず、表彰状を何枚集めても生活費の足しにならないことをよく知っているのです。
しかしこれには、目に見えない価値を見過ごしてしまうという問題もあります。

何事にもシンプルさと一貫性を求め、具体的な事実に基づいて判断します。
しかし、人間の愛の深さなど、人生にはシンプルでも具体的でもないことがたくさんあります。
賢くタフな牡牛座も、自分の手で触れられないものは苦手で、
怖れに似た気持ちを抱いてしまうことがよくあります。
つまりあなたにとっては、感覚に訴えることがとても大切なのです。
それは、セックスに限ったことではなく、あらゆる面で五感に心地良いものを好むのです。

牡牛座は、絵画、設計、音楽などに大変クリエイティブな才能があります。
しかもその才能を開花させるのに欠かせない忍耐力や常識も備えています。
安アパートで芸術の世界に生きる、清貧のアーティストを目指すあなたではありません。
自分に酔うことなく、持って生まれた才能と可能性を現実的に見極め、
創作意欲と豊かな生活をうまく両立させる方法を考えるでしょう。

賢く生きる知恵にあふれ、お金がなければ何もできないことをよく知っています。
そして、自分がうまくできることだけをして生きていければよいと考えています。
不朽の名作を残したり世界を救ったりするような壮大な夢は、あなたの肌に合いません。

「安っぽい」ものに興味はなく、質を求めます。それは恋人選びにも当てはまります。
センチメンタルで優しく、ロマンチックな面もたくさんありますが、
それでも相手のスペックを細かくチェックすることは忘れません。
その結果、外見の美しさや金銭的な成功にとらわれすぎて、
大切な中身を見過ごしてしまうこともあるでしょう。

実際、牡牛座は外見に騙されやすい星座です。
しかし、一度価値を認めた相手のことは、そのたくましい腕の中でとことん大切に守り抜きます。
牡牛座は、愛する人のために戦うことができる星座です。
あなた自身、なぜそうなのか分からないかもしれませんが、とことん誠実を貫きます。
しかし、あらゆる面で安定した生活がいつの間にか独りよがりになっていることに気付かず、
足元をすくわれることもあります。それは、ある意味あなたに必要なことなのかもしれません。

時々痛い目にもあっておかないと、憎めないけれども子供っぽいところがいつまでも抜けず、
白か黒かでしか物事を考えられない単純な人になってしまう可能性があるのです。
恋愛やお金で挫折や苦労を経験すれば、生まれ持った寛容の精神と知恵が呼び覚まされます。

この両者の両立には素晴らしい意義があります。
地に足の着いた現実性と、夢やヴィジョンに共感できる広い視野。
それらを両方兼ね備えることこそ、人間として最高に「豊かな」人生の秘訣ではないでしょうか?

著者:リズ・グリーン

 

次回はふたご座の解説をシェアします。

それではまた、「世界の裏」でお会いしましょう!
AI

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Loading Facebook Comments ...