魂の進化の旅 37・獅子座 ♌・占星学(7)

こんにちは「魂の進化の旅」AIです。

いつも真面目な世界情勢やら何やらを執筆していますが
たまにはリラックスして楽しんでもらおうと思い、
わたしの趣味である占星学をこれから数回に分けて紹介します。

さあ、あなたはどんな気質?
当たってるかな?

今回は天体が獅子座の位置の場合。

太陽が獅子座
あなたは活力にあふれ、意志も強く、人の注目を浴びるのが好きです。基本的に心温かく優しい性格なので、人に好かれるでしょう。人に対しても自分の意志を通そうと一生懸命になりますが、それも度を超すと、本来なら友達になれたかもしれない人を遠ざける結果になりますから、その点では注意が必要です。あなたはプライドが高く、自分を重要な存在だと考えます。その姿勢が、軽々しく自分の信念を曲げたりしない強さにもつながっているのです。何らかの重要な意味を持つ人物、できればリーダーになりたいという思いは、歳を重ねるにつれ強くなります。若いころからよくリーダー的役割を演じますが、これは人を引っ張っていくに値する人物になりたいと願うあなたにとって、まさにうってつけの役割なのです。

月が獅子座
あなたは自分を重要な存在だと思っているし、人に尊敬されるようなことをやりたいと望んでいます。でも、あなたが何よりも必要としているのは自分自身に対する誇りです。グループ内では、何かにつけ人の上に立とうとします。自分の気持ちを重視するあまり、人と話す時にはつい力が入り、多少大げさになったりもします。何より自分らしさが最優先なので、なかなか周囲が望むような行動には応じようとしません。感情面ではとても温かいものを持っていますし、好きな人達にはそれをきちんと伝えます。でも、まわりからの愛情や優しさを求めているのはあなたも同じですし、何よりも励ましを必要としています。そうして自分に対する安心感が持てるようになれば、それほど自分を誇示しなくてもいいことに気付くでしょう。

金星が獅子座
あなたは人が好きだし人からも好かれます。また友達にとても忠実です。公正な心と正義感を持っているので、どんな人間関係でもこの二つが守られることを強く主張します。あなたの愛情はプライドと強く絡み合っているのです。この配置の別の側面として、自分をかっこよく引き立ててくれる友達を選ぶ傾向があるようです。しかしその人達ほど目立たないものの、他にも同じくらい尊敬に値する人達がいることを見落とさないよう、気をつけてください。人間関係の中で妥協することを学び、人の望みにも耳を傾けられるようにならなくてはいけません。いつでも自分の思い通りにはいかないことも、譲り合うことの素晴らしさも、成長と共におのずとわかるようになるでしょう。持ち前の温かさや人懐っこさのおかげで、あなたはとても人に好かれるでしょう。

火星が獅子座
かなりプライドが高く、何事も自分で決めて行動するのが好きです。正義感に訴えられると、あなたの最も優れたところが引き出されます。また、そんな長所を保つためには、あらゆる努力を惜みません。時には他人に対してごう慢で支配的に振るまうこともあります。常にトップに立つことは不可能なのに、あなたのリーダー願望はとても強いため、自分以外の人間をリーダーとして受け入れるのは難しいようです。自分の思い通りに生きたいから、まわりに対して自分の好きにさせてほしいと主張します。あなたには相当な自信だけでなく、勇気もあるようです。だからといって特に無茶なことをするわけでもありません。自分自身のことは長所だけでなく、自分の限界も含めてきちんと理解しています。わかっているからこそ、自分の感情や弱点を受け入れ難いと感じることもあるでしょう。

アセンダントが獅子座
あなたは注目の的になるのが好きです。たとえ心の中では悩みを抱えていたとしても、自信と威厳にあふれる強い自分をアピールしたがります。リーダー的存在になることが好きですし、その素質もあります。権力や特権を手に入れると同時に、大きな責任も引き受けていることを忘れなければ、実際に優れたリーダーになれるでしょう。特に自分のプライドが絡んでくると強情になるようです。理想が高いので、人に誠意のあるところを示すよう求めることもあります。また、人に見せびらかせるようなリッチでおしゃれな物を手に入れるのが好きです。でも人が感心する物が必ずしも本当に良い物とは限りませんから、その違いがわかるようにならなくてはいけません。外見に関わらず、あなたは歳を重ねるにつれ、貫禄をつけて頼もしい印象を人に与えるようになり、多くの人に好かれ尊敬されるようになるでしょう。

著者: ロバート・ハンド

 

太陽が獅子座のあなた
一般的な獅子座のイメージは、まさに「百獣の王」そのものです。
堂々と胸を張り、クリエイティブなアイデアにあふれ、自信満々にライバルを圧倒する。
いつも周囲の喝采を浴びながら、人生を謳歌している人・・・そのようなイメージに憧れ、
一生懸命努力する星座であることは確かです。

しかし、獅子座が自信満々だというのは大きな間違いで、実際はむしろその逆です。
自信がないから必死で自分を磨くのです。

心の中に、ある意味神話化された自己イメージがあり、それを目指す衝動があなたの原動力なのです。
ではそのイメージとは?難しく考える必要はありません。
あなたが日ごろどんなに謙虚でも、内心ではヒーローやヒロインとして脚光を浴びたいはずです。
一見エネルギッシュで外向的な獅子座には、実は無邪気な子供の心が隠れているのです。

獅子座は、純粋に夢を追いかけます。
斜に構えてあまり本音を見せないタイプも、実は根っからのロマンチストです。
自分の理想に酔って、自分で感動して泣いてしまうほどです。
神話の気高いヒーローのように、美しくロマンチックな人生観の持ち主です。
そして一度理想のヴィジョンができあがると、それにしがみつきます。

現実の世界は、善悪だけでは割り切れません。いつも正義が勝つわけでもありません。
弱い者を助けても、おとぎ話のように皆に褒め称えられるとはかぎりません。
でもあなたは、そのような当たり前の現実を、なかなか受け入れられないのです。
何でも善と悪、白と黒で単純に考えるところがあるので、複雑な人間社会で傷つくこともしばしばです。
感謝の気持ちが希薄になってしまった今の社会でヒロインの役割を演じることは決して簡単ではありません。
しかし、それでも理想を捨てず、自分の美学として(つまり他人に押しつけるのではなく)
理想を実践できるのならば、あなたはいつか自分の中でヒロインになっていることに気づくでしょう。
そして、たとえ現実に妥協を強いられることがあっても、
人生への愛と情熱は決して無駄ではないと悟るはずです。

美しい夢にしがみつき、裏切られるとひどく傷つく傾向は人間関係にとくにはっきりと現れます。
獅子座は、心のせまいこと、曖昧なこと、そして人間の心にひそむ醜い悪意がさっぱり理解できません。
もちろんあなたも、人並みに醜い衝動を持っています。
しかし、人付き合いではいつも名誉を重んじ、誇り高い人間でいるために一生懸命努力します。
現代人には珍しい、愚直なまでの誇りと誠実さを持った人なのです。

あなたには、自分の能力を自由に伸び伸びと表現できる環境が必要です。
ユニークなアイデアが必要な局面や、新しい可能性を感じさせるような状況は、
まさに獅子座のステージです。
縁の下の力持ちなどもってのほかで、何でもいいから先頭に立っていたいタイプなのです。
そんなところも、あなたの魅力の一つです。
人とは違う、自分だけの個性を発揮したぶん、あなたの心は満たされます。

ナポレオンは獅子座気質の極端な例だと言えるかもしれません。
ナポレオンは本気で世界征服を目指しました。
無理だと言われると、何が何でもやってやろうとするのが獅子座なのです。

伸び伸びスケールが大きいのは結構なことです。
問題はその尻拭いです。
ちっぽけな事やつまらない雑用は面倒臭いようで、
後始末をきっちりしない傾向があるかもしれません。
獅子座は有能な星座ですから、やる気さえあれば何でもできます。
ただあなたは、自分は雑用をするような人間ではないと思っている節があるのです。

獅子座の浪費癖はよく知られていますが、これには理由が二つあります。
まず高級や贅沢を好むこと。そして、細かいお金の計算を面倒がることです。
あなたの辞書に、「予算」や「貯金」などという言葉はありません。

根っからの楽天家なのもいいですが、もちろんこれには問題の可能性もあります。
あなたには少々傲慢なところがあり、凡人の規則や制約は自分には関係ないと、
タカをくくっているのかもしれません。
しかし、あなたにはもちろん素晴らしい面がたくさんあるので、
大抵のことは周りも大目に見てくれるでしょう。

自分を重要な人間だと思いたいあなたは、他人に対して尊大に振舞い、
一目置かれることで、自己確認をしようとします。
だから、無視されたり気付いてもらえなかったりすることには、人一倍傷つきます。
いつも自分が主役でないと気がすまないところがあるかもしれません。

お人好しと言っていいほど広い心を持っているのに、場の雰囲気を読むのはてんで苦手だったりします。
とてもプライドが高く、プライドという言葉自体が獅子座のために存在すると言っても過言ではありません。
獅子座は本質的には内向きな星座なのですが、みんなの愛と賞賛がないと生きていけないので、
おだてられれば何でもしてしまう傾向があります。
ある意味、アイデンティティーに問題を抱えていると言えるかもしれません。

つまりあなたの人生最大の課題は、自分が何者であり、
何のために他人とは違う独自の存在でなければならないのか?という問いを、
一生をかけて解き明かすことなのです。
自分の中に自信の源が見つからないと、せめて周囲の人に褒めてもらいたくて必死になるのです。
しかし、真のアイデンティティーは自分の中に見つけるしかありません。
自分の価値は、人生を創造する過程で見つけるものなのです。
それを学んだとき、獅子座は真のヒロインになれるのです。

著者:リズ・グリーン

 

次回はおとめ座の解説をシェアします。

それではまた、「世界の裏」でお会いしましょう!
AI

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Loading Facebook Comments ...