魂の進化の旅 47・金星のハウス・占星学(17)

こんにちは「魂の進化の旅」AIです。

いつも真面目な世界情勢やら何やらを執筆していますが
たまにはリラックスして楽しんでもらおうと思い、
わたしの趣味である占星学を数回に分けて紹介しています。

さあ、あなたはどんな気質?
当たってるかな?

今回は金星のハウスの位置です。
ホロスコープを作成したときに〔天体の位置〕が表示されたと思います。
その時、あなたの出生図の金星はどこのハウスに位置していたでしょうか?
(出生時刻が分からないとアセンダントと同じくハウスも正確に出ません)

 

金星が第1ハウス
これはとても好ましい配置です。その影響を受けて、あなたはまわりに良い印象を与えることができるし、人にも好かれます。だらしなく見えるのは嫌なので、自分の容姿にはかなり気を配ります。また、何らかの芸術的才能をあらわす可能性もあります。そこにあなたの造形やデザインのセンスが加わることによって、才能はさらに磨かれていくでしょう。人と仲良くやってゆけるように精一杯努力します。議論する時は力で押し切るのではなく、駆け引きと機転によって勝とうとします。でも主張すべき時にはきちんと主張し、自分の権利を守るために、必要ならば強い態度で相手に立ち向かうことも大切です。あなたは内面にある美しさを、現実の世界へとつむぎ出すことのできる人です。魅力と力強さを結びつけることができれば、その美しさを最も効果的に伝えることにもなります。

金星が第2ハウス
美しい物を手に入れ、快適さとぜいたくさに囲まれていることが好きです。欲しい物が見つかるとつい買ってしまうので、お金は羽が生えているかのように無くなってしまいます。このことのプラス面は、優れたセンスや見る目を養っておけば、値段に見合った良い買い物しかしなくなることです。とはいえ、欲望や気まぐれに負けてばかりではいけません。

金星が第3ハウス
身の回りが美しさに彩られていることが好きです。幼いころから芸術や演劇、文学などに強い興味を抱くこともあります。人を魅了したり愛想をふりまいたりすることが上手になるかもしれません。でも出世のためにこの能力に頼り過ぎるのは考えものです。そのうち、お世辞のうまい人は信用できないと誰もが思うようになります。だから人が喜びそうなステキなことを言うにしても、心から思ったことだけを口にすべきです。あなたは造形と色彩のセンスに恵まれるでしょう。兄弟姉妹がいれば、とても仲が良く、おそらく親戚の人達とも親しいのではないでしょうか。あなたは兄弟姉妹や親戚からの愛情をとても大切に思っています。

金星が第4ハウス
快適で気持ちの良い、上品でエレガントな環境を好みます。大人になると、家をきれいに飾るための絵画やオブジェなどを収集するようになるかもしれません。両親に愛されることは、他の誰よりあなたにとっては大切な意味を持っています。おそらくご両親は、あなたが求める愛情と温もりの全てを与えてくれるでしょう。しかし、ご両親、あるいはそのどちらかとの関係がうまくいかなければ、その心の傷は誰よりも深くなるでしょう。

金星が第5ハウス
楽しく気持ちの良い時間を過ごすこと好きで、あまり体力を使わずにすむ娯楽なら、なおさらご機嫌です。五感を満足させてくれることや、幸福な気分にさせてくれることが好きなのです。成長するにつれて、恋人候補に対してかなり大きな関心を抱くようになります。またあなたに芸術的才能がある場合、自分をアーティスティックに表現する際にもこの配置が役立つでしょう。

金星が第6ハウス
この金星の配置は普通、健康に恵まれることを暗示しているので、少しくらい無理をしても健康でいられるようです。愛情とはある意味で相手に尽くすことだと感じています。好きな人のために何かをしてあげることができれば、それが自分の喜びにもつながります。でもその人達がお返しに何かをしようとしても、それをすんなり受け入れるのは苦手です。あなたは自分のことを人に好かれる価値のない人間だと思っているのかもしれません。もしそんな風に感じているなら、自分の良いところや好きなところ、それに誇りに思うところを頑張って見つけるようにしてください。この配置は、将来あなたが金星の支配する職業分野を選ぶことを暗示しています。エンターテインメント、芸術、工芸、カウンセリング、または美容や娯楽関係などの仕事がそれにあたります。

金星が第7ハウス
一人でいるよりも満ち足りた気持ちにさせてくれる、そんな相手との安定した関係を常に求めるようになります。あなたは幼いころから、一人でいるより誰かと一緒に過ごしたり、人と行動を共にするほうが好きです。自分の意志を通すよりも、人と調和していくことのほうがはるかに大切だと思っています。これはとても好ましいことですが、場合によっては自分の権利を守るためにはっきりと主張することも必要です。魅力的で面白い人達、あるいは芸術的でクリエイティブな人達と一緒にいるのが好きです。将来結婚するなら、相手はこのような資質を持つ人かもしれません。

金星が第8ハウス
あなたは五感を楽しむ人で、世界をできるだけ生き生きと身をもって経験したいと望んでいます。世界のどこかに、あなたの人生を完全に変えてしまうくらいの目に見えない力が秘められているのではないかと探し求めているようです。しばしば人との結びつきの中にその手がかりを求めます。そのため、あなたの人間関係は強い緊張感と感情に満ちあふれたものになりそうです。友達に対してあまり強い独占欲を抱かないよう気をつけましょう。それに、友情から得られるものをはかりにかけて友人を選ぶべきではありません。若いうちから暴飲暴食に注意し、十分に体を動かして健康管理するようにしましょう。

金星が第9ハウス
経験の場を広げてくれるような活動が好きです。いろんな見知らぬ土地へ旅をして、自分と違う考え方について学ぶことも好きでしょう。あなたは様々なアイデアや概念を結びつけることが好きなようです。その時、そのアイデアが論理的につじつまが合うことより、調和し、美しくまとまっているかどうかが判断基準になります。なぜなら、あなたは人間らしい感情と結びついた考え方にしか魅力を感じないからです。あなたにとって「美しさ」とは世界の基準となるべきものなのです。

金星が第10ハウス
この配置は通常、自分の父親と、あるいは父親的役割を果たしている母親と、温かい親子関係で結ばれていることを暗示します。いずれにしてもその人物は、温かく愛情のこもったやり方で世界のことを教えてくれるでしょう。そのおかげで、あなたは世界を美しく親しみやすいものとしてとらえるようになります。大きくなってからは、そんな明るく楽天的な世界観を生かせる職業を選ぶでしょう。もう少しまじめなタイプなら、何らかのかたちで人と接する仕事に就くかもしれません。生まれつき外交的素質に恵まれているので、人と接するのは得意なはずです。

金星が第11ハウス
とても社交的な人で、良い仲間に恵まれ、楽しい時間を過ごすことに喜びを感じます。あなたの良さが最も輝くのはグループの中にいる時です。どんな活動に取り組む時でも、素晴らしいチームプレーヤーとして活躍します。心温かく社交的な友達と一緒に過ごすのが好きです。どんなタイプの友達とも楽しくおつき合いできそうです。友達との関係は、一生を通じてあなたに喜びと楽しみをもたらしてくれるでしょう。

金星が第12ハウス
少しシャイで、愛情を素直に表現することにためらいがちです。だからと言って、決して愛情の薄い人というわけではありません。心を許した相手には、打ち解けたところも愛情も見せます。でもシャイなせいで、数多くの実りある人間関係には恵まれにくいかもしれません。というのも、自分と同じような恥ずかしがり屋さんとなかなか知り合うことができないからです。あなたの心の細やかさを本当の意味で理解できるのは、あなたと同じようなタイプの人だけなので、自分が惹かれる人との友情を築くためにも、もう少し積極的になってみてはどうでしょうか。この配置のプラス面は、大好きな人達に対してとても献身的になれるところです。友情を守るためなら、自分の信念のために立ち上がるべき時でも自分から折れてしまうことさえあります。

著者: ロバート・ハンド

 

次回は火星のハウスの位置の解説をシェアします。

それではまた、「世界の裏」でお会いしましょう!
AI

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Loading Facebook Comments ...