魂の進化の旅 56・蠍座x???・占星学(26)

こんにちは「魂の進化の旅」AIです。

いつも真面目な世界情勢やら何やらを執筆していますが
たまにはリラックスして楽しんでもらいたいと思い、
趣味である占星学を数回に分けて紹介しています。

今回はあなたが蠍座の場合、他の星座との相性です。
基本的に恋愛相性になりますが、
性質なんかは職場や友人関係にも照らし合わせてみてください。

蠍座x牡羊座
情熱と力が、この相性のキーワードになりそうです。蠍座の強烈なエネルギー、セックスアピール、想像力に対しても、火の玉のような牡羊座なら引けをとることはありません。ロマンスの炎を熱く保つために、多少の摩擦や試練があった方が良い点でも、二人は共通しています。現実的すぎる恋人や、ものわかりが良すぎる恋人には飽きてしまうことがあるのも同じです。どちらも摩擦を恐れるタイプではないので、熱い議論を戦わせることもあるでしょう。ときどき、ドラマの定番シーンのような要素を必要とする二人なのです。二人の間で、主導権争いが激しくなり過ぎないように気をつけましょう。どちらも自立心が強く、とてもプライドが高いので、相手にあれこれ指図されることには我慢できません。しかし実際は、どちらも相手を尻に敷こうとする可能性が高いのです。ただ、そのやり方は違うかもしれません。牡羊座は包み隠さずストレートですが、蠍座は一見そうとは見せず、秘かに相手を絡め取るのが得意です。お互いを、いつも挑発しあっているような仲です。どちらも、自分の言いなりになるパートナーは尊敬できません。但し、喧嘩があまり破壊的にならないように、そしてお互いを傷つけ合うことにならないように、注意が必要です。その点にさえ気をつければ、一生の間連れ添っても、熱い情熱や刺激を失うことはありません。

蠍座x牡牛座
この二人が一番重視するのは、お金とセックスです。この二つのテーマが、惹かれあう気持ちの中でも大きなウェイトを占めているはずです。しかし、だからと言ってそれらが必ずうまくいくとも限りません。深い感情のやりとり、この世の美や贅沢、そして刹那の楽しみを味わいつくすことにかけては、最高のコンビだと言えるでしょう。どちらも人に対する要求が多く、頑固で、そのくせ自分の欠点には甘いところがあります。ですから、相手のミスも受け入れることも学ぶ必要があります。また、独占欲を抑えることと、一度身に付けた習慣に固執しすぎないよう心がけることも大切です。どちらも誠実さを重んじ、二人の関係を何よりも大切に考えます。ものごとを深く追求する蠍座は、現実的で、シンプルさが身上の牡牛座にイライラすることがあります。反対に、ドラマチックな展開を好む蠍座に、冷静で常識的な牡牛座が引いてしまうことも考えられます。地の牡牛座の水の蠍座の「火山」のような相性は、お互いへの強い魅力が長く続くことを示唆しています。ただし、どちらも怒りが激しく、相手の心に傷を残すような言動をしてしまう傾向があるので、お互いをあまり刺激しない配慮が必要です。少し肩の力を抜いて、自分のことを笑い飛ばせる余裕を持てば、二人の相性の最高の面を引き出せます。

蠍座x双子座
あまりにも違う二人ですから、神秘とあこがれは尽きません。お互いの意識や理解を広げあうことができる組み合わせです。そして、そんな魅力こそ、二人が恋人に一番必要とする要素なのです。風の双子座は、変化のない相手だと退屈してしまいます。そして水の蠍座は、何の試練もない関係を物足りなく感じてしまうのです。蠍座の集中力や深い洞察と双子座の器用で臨機応変な知性とは、素晴らしくお互いを補い合います。クリエイティブな活動では、最高のコンビになれるでしょう。しかし、「自由と束縛」というやっかいな問題に足をとられることがあるかもしれません。束縛されることが嫌いな双子座に対し、蠍座は、相手の一途な愛をいつも確認していたいタイプなのです。蠍座の猜疑心の強さと、と双子座の誤魔化しがぶつかると、火花が飛ぶことがあるかもしれません。この点について、どちらも極端な姿勢にならないよう、気をつけましょう。どちらの星座が浮気をしやすいとか、より一途だなどということは、一方的に決め付けられることではありません。それは、個人の道徳観や置かれた環境によって左右される問題です。とにかく正直な関係にすることが大切です。相手の裏をかいたり、わざと不安がらせたりというような小細工は慎むべきです。

蠍座x蟹座
蠍座と蟹座は、どちらも水の星座で、激しい情念を秘めています。感受性の強さと豊かな感情のおかげで、二人は人と人との絆の大切さを肌身で理解しているはずです。言葉がなくても深く分かりあい、共感しあえるカップルです。どちらも相手に誠実さを強く求め、独占欲が強いところがあるかもしれません。しかし、お互いに相手の不安や心配をよく理解できるので、嫉妬が原因で、ありがちな喧嘩やトラブルになることはあまりありません。「愛があれば言葉はいらない」を地で行く二人ですが、それが行き過ぎてしまうこともあるかもしれません。状況や事柄によっては、はっきり言葉で伝えなければならない場合もあるはずです。二人共繊細でプライドが高いので、傷けられると過敏に反応してしまいがちです。しかもそれが、誤解や思い込みによるものであることも少なくありません。客観的で広い視野を育むよう、お互いが心がけると良いでしょう。深い洞察、温かさ、愛情をたっぷりと与え合うことができる二人です。時には刺激や冒険も忘れないようにしましょう。

蠍座x獅子座
蠍座は水の星座、獅子座は火の星座です。見るからに熱い湯気が立ち上りそうな組み合わせです。お互いの鋭いイマジネーションを融合し、素晴らしい創造力として昇華させることができる相性です。獅子座の寛大なハートは、蠍座にもっと素直な感情表現を促すことができます。また、鋭い洞察に恵まれ、人間の弱さや脆さを理解し共感できる蠍座のおかげで、獅子座は肩の力を抜き、いつも特別な人間でなければならないという気持ちから、少し解き放たれます。一緒に前向きな活動に取り組めば、二人の長所を最大限に引き出すことができるでしょう。しかし、火と水のエネルギーのぶつかり合いが、激しい感情的摩擦に発展することもあります。どちらもプライドが高く、強い自我を持っています。決意や意志の強さ、感情の激しさにおいて、お互いに相手の力は認めているはずです。しかし、どちらも潔く負けられないタイプで、相手にやりこめられたと感じると、意固地になってしまうことがあります。また、どちらも恋人を束縛したがるほうで、もし裏切られたと感じると、なかなか許すことができません。お互いの繊細さとプライドを尊重することさえできれば、安定という名のマンネリに陥らず、いつまでも熱い情熱を持ち続けるカップルになれるでしょう。他人の目には、二人はいつもトレンディドラマのクライマックスを演じているように見えるかもしれません。この二人には、ドラマのない人生なんてありえないのです。

蠍座x乙女座
どちらも、元々慎重で洞察力の鋭いタイプで、あまり気持ちを表に出す方ではありません。直感的に理解し合える相性ですから、深い共感に基づいた絆を育めそうです。水の蠍座は、深い感情をもっと素直に表現することを、乙女座に教えます。地の乙女座は、蠍座に、感情をより客観的に扱うことを教えます。自分の世界を大切にし、愛されると同時に尊敬されていたいという点でも、二人は共通しています。どちらも物事を深く追究することが得意で、人間行動の動機に興味があるので、共有できる興味関心も多いでしょう。蠍座の激しさに、乙女座が土足で踏み込まれたように感じてしまうことがあるかもしれません。また、何でもはっきりさせたがる乙女座の姿勢に、蠍座が、思いを理屈で片付けられてしまったように感じることもあるでしょう。しかし、お互いにカチンとくることもあるこのスタンスの違いに、実はお互いが人間的に大きく成長するための鍵が隠されているのです。本質的にどちらも真面目で思慮深い性格で、偽善やうわべだけの取り繕いを嫌います。そして、自分の人生に高い基準を求め、しかもそれを実践する強さがある人です。お互いの脆い面を尊重し合うことさえできれば、実り多いこの相性から最大限の恩恵を受けることができるでしょう。

蠍座x天秤座
まったく違う個性ゆえに、強く魅かれあう組み合わせです。水の蠍座は激しい情念を持ち、神秘的でドラマチックな裸のぶつかり合いを求め、時には大喧嘩をしてでも刺激を保つ方が良いと感じるタイプです。これに対して風の星座である天秤座は、人間関係のあらゆるやりとりに、理性、ルール、洗練、調和を求めます。天秤座との付き合いを通じて、蠍座は客観的なものの見方とバランス感覚、そして穏やかさを身につけることができます。そして蠍座は、天秤座に対し、正直に感情と向き合うことの大切さ、人間性の裏の部分、戦うことの意義、そして熱い情熱の素晴らしさを教えることができるでしょう。しかし、蠍座にとって、天秤座の理屈っぽい倫理観は、表面的な言い逃れにしか聞こえないことがあるかもしれません。冷静な話し合いに固執する天秤座のスタンスに、蠍座が拒絶されたように感じてしまう可能性もあります。逆に天秤座には蠍座の感情が激しすぎて、威圧的にすら感じられることがあります。怒った時の蠍座の振る舞いには、まるで自分が虐げられているようにすら思えるかもしれません。相手の話をよく聞き、お互いの長所を認め合うことが大切です。天秤座は感情の世界に飛び込み、正直に怒りをぶつけることを覚えましょう。逆に蠍座は一歩下がって、冷静に考えることを学ばなければなりません。恋愛をとても大切にする二人ですから、お互いのスタンスに固執することさえなければ、共に学び、成長することができるでしょう。

蠍座x蠍座
二人共とても鋭く繊細で、お互いの無意識のエネルギーにも敏感です。情熱が燃えさかっている時ですら、森で鉢合わせた二頭の虎のように、お互いを警戒しながら出方を伺っているようなところがあります。たとえ一生添い遂げることになったとしても、見えない壁が完全に取り払われることはないのかもしれません。しかし、どちらも共感力にあふれ、人間の不完全さを理解し、とことん受け入れることができる人です。水の蠍座は、一筋縄ではいかない相手を求めます。お互いに、そんな相手にめぐりあえたという組み合わせです。プライドが高く、相手からされた意地悪は、些細なことでもなかなか忘れません。二人とも、独占欲が強いのに、自分が束縛されることには耐えられないので、裏切りや誠実さといったテーマをめぐって、様々な問題が起きるかもしれません。喧嘩になれば容赦なく相手を責め、「目には目を」的な攻撃手段も辞さない面があります。しかし、複雑で、ともすれば爆発的な性質の裏に潜む、別の素顔のこともお互いに知っています。主導権争いさえ控えれば、一生の絆を育むことができるでしょう。それは、二人に真の成長をもたらしてくれるはずです。

蠍座x射手座
周囲の人々の目には、まるでいつもドラマのクライマックスを演じているかのように映るカップルかもしれません。水の蠍座と火の射手座の組み合わせからは、熱い湯気が生まれます。二人共ドラマチックなことが好きで、人生を徹底的に味わい尽くしたいタイプなのです。おまけにどちらもロマンチックで、貯金の残高を気にするひまがあれば、光り輝く未来を夢見ます。創造的な活動において、またはベッドの上でも、熱く情熱が盛り上がる相性です。とにかく、お互いに退屈するような心配はまずありません。摩擦が起きそうなパターンがあるとすれば、それは蠍座の秘密主義なところや、相手を心理的に操ろうとする性質が、射手座のあけすけで単純な気質とぶつかってしまうことです。また、よくありがちな自由と束縛のジレンマに陥るケースもあります。蠍座の激情を射手座が威圧的に感じたり、理念や概念ばかりを大切にする射手座のスタンスに、蠍座が自分を軽んじられたように感じることがあるかもしれません。それが、激しい喧嘩や口論に発展することも珍しくはありません。しかし、ときどきお互いが自分を振り返ることを忘れなければ、年がら年中喧嘩するようなことにはなりません。むしろ、この相性が本来持つ、素晴らしいポテンシャルが引き出されるはずです。

蠍座x山羊座
基本的にどちらも物事を深く考えるタイプで、生き方も慎重です。水の蠍座と地の山羊座は、本当に欲しいものを得るために、戦うことができる星座です。本能的にお互いの複雑な内面を理解し、物心両面で強く支えあえる相性です。蠍座は、山羊座に、内面の葛藤を直視し、秘められた情熱を開放する手助けをすることができます。山羊座は、感情を客観的に捉え、才能を具体的な成果に結びつけることを蠍座に教えます。どちらも、あまり人を信用するタイプではありません。恐らく人を疑いたくなるような経験もあったのでしょう。しかし、二人の間に生まれる自然な仲間意識は、信じる心を自然に育んでくれるでしょう。二人の間で一つだけ注意が必要なのは、どちらも物事を自分の思い通りにコントロールしたがる点です。自分が押さえつけられるのを恐れるあまり、相手を押さえつけたくなる気持ちをセーブすることが大切です。主導権争いに明け暮れるようなことにならないよう、気をつける必要があります。また、どちらも潔く折れることを学ぶ必要があります。歩み寄りは、敗北や屈辱ではありません。謝ったからといって、プライドを傷つけられたように感じる必要はないのです。

蠍座x水瓶座
本質的に異なる者同士が魅かれあう組み合わせです。風の水瓶座は、本能的な感覚よりも、理知的な言動や話し合いを好みます。水の蠍座には感情的な願望の方が大切で、激しいやりとりを好みます。蠍座は、水瓶座に、感情を素直に表現することを教え、水瓶座は、蠍座に、個人の領域を尊重することの大切さを教えるでしょう。二人とも自分の信念を固く貫くタイプです。正しくあろうとするお互いのこだわりに魅かれ合うことでしょう。一途でありながら、決して交わらない部分が残るカップルになるかもしれません。人間の行動に強い関心がある二人なので、他人やお互いの言動をあれこれ分析することが多いかもしれません。しかし、水瓶座が蠍座の言うことを理不尽だと決めつけ、蠍座が水瓶座を無感覚な人間だと非難するようになると、問題が起きます。実際は、どちらが理不尽なわけでも無感覚なわけでもありません。水瓶座は、蠍座の「感情」にも、それなりの深い「論理」があることを学ばなければなりません。蠍座は、ドラマチックな感情表現がなくても、水瓶座の深い愛に偽りがないことを知るべきです。蠍座の激しい情念が、水瓶座には独占欲に感じられることもあります。逆に、プライバシーを主張する水瓶座は、蠍座には冷たく見えるかもしれません。お互いの違いを尊重し、自分の方から学ぼうとする姿勢が大切です。

蠍座x魚座
どちらも水の星座で、生きている実感を味わうために、時々激しい感情の発露を必要とします。ロマンチックで、理屈が先行した味気ない付き合いや、マンネリには耐えられません。芸術や人を助ける分野に携わるには、とても建設的な組み合わせです。また、お互いの脆さと強さを見通す深い洞察を備えた二人なので、共感に満ちた癒しの関係を育めるでしょう。愛情と思いやりにあふれ、深く理解しあうことができる相性です。しかし、二人とも、客観性にはやや欠けるところがあります。誰にでも合わせられる魚座が色んな人と仲良くすると、独占欲の強い蠍座は魚座を束縛したくなるかもしれません。また、自分の世界にこもりがちな蠍座が秘密を持つようになると、魚座は拒絶されたように感じてしまうでしょう。強烈なまでにプライドが高い蠍座は、一見冷たく見えることがあります。また、悲劇の主人公を演じたがる魚座は、相手に罪の意識を持たせることが得意です。どちらも、心理的なプレッシャーで相手を操るようなことはしてはいけません。遠まわしに非難めいたことを言わず、率直なコミュニケーションを心がけましょう。また、二人のことになると、何でも大げさに考えたり事実を歪曲して捉えたりする傾向がありますが、それに自分で歯止めをかけることも学びましょう。時には一歩引いて、自分たちの言動とその動機を客観的に見つめるように心がけましょう。

著者: リズ・グリーン

 

次回は射手座の相性の解説をシェアします。

それではまた、「世界の裏」でお会いしましょう!
AI

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Loading Facebook Comments ...