魂の進化の旅 6・フェイク・ニュースが流行言葉になる?

こんにちは「魂の進化の旅」AIです。

トランプ大統領が流行らせた「フェイク・ニュース」という言葉

もともと、トランプ政権と主要メディアの対立で注目を浴びた訳ですが、

今では日本でも世界でも(私の母でも)馴染みの言葉になりました。

その主要メディアとの対応を担うのが、ホワイトハウス報道官ですが

ショーン・スパイサーは昇格するそうです(クビではありませんよ)

最近は、ホワイトハウス報道室にテレビ中継を入れない

オーディオ(音)だけのブリーフィングになりました。(CNN対策)

スケッチアーティストを雇うCNN(笑)

 

そうやってトランプ政権は日々主要メディアと戦ってるのですが

では、どうしたら私たちもマスメディアの思惑を見抜けるのか?

やはりそれは私たち個人で信念を持つべきです。(日本もどうしようもないニュースが多いですね)

MSM(主要メディア)でも

ALTERNATIVE MEDIA(独立系メディア)でも構いません。

一つ一つ思考して組み立ててください。そして間違ってもいい

他の人々と意見を交わしてみてください。

分からない同士でも意見を交わすことによって

そこから新たに何かを発見したりします。(誹謗中傷はNG。そこに解決はない)

 

これは、私が思ったことですが、特に何か事件が起きた直後というのは

まだ、情報が一定に規定されていないので

アナウンサーも人間ですから、事件直後はボロッと何かをこぼすんです。

その後、放送情報が一つの方向性に定められますから

それ以降は何処も同じ報道になります。

 

例えば、去年の終わりに駐トルコ・ロシア大使、アンドレイ・カルロフ氏が射殺される事件。

犯人は22歳のトルコ人警察官。射殺直後、何やら叫んだらしいが

アナウンサー曰く「訛りが強くて、始め何を言っているのか分からなかった」

が、後に信奉者お決まりの「アッラーフ・アクバル」と叫んだことが判明

その後に、シリア、アレッポの敵云々付け加えたそうですが

訛りのせいで、神様の名前もはじめ、聞き取れなかったというのは

セリフの練習不足なのでは?(さらに思いっきりカメラ目線)

(笑っちゃったから撮り直しか?)

因みに殺害されたアンドレイ・カルロフ氏は以前は

駐北朝鮮大使でした。

 

また今回のロンドンで起きたアリアナ・グランデのコンサート直後の爆発テロ

事件直後、真っ先にCNNが(CNNというところがミソ)

「あれは、偽旗作戦じゃないの?」と言いました。

普通は逆ですよね。

メディアが一生懸命報道して、陰謀論者が「あれは偽旗作戦」って言いますよね。

あの日、ロンドン爆弾テロをアメリカ国内で推進して報道していたのが

共和党寄りのFOX NEWSであり、他のメディアはそれよりも

ロシア、ロシア報道でした。

それでも、CNNが本土イギリスのメディアよりも早く、

容疑者の名前と、爆弾の起爆スイッチの証拠写真をすっぱ抜いて報道し、

トランプ政権のインテル内に裏切りがいるとイギリスからひんしゅくを買いました。

さらにこの事件で、トランプ政権はインテル内のリーク・ルートを入手しました。

(現在、CNNが内部の人間3人を強制辞任させましたね。ロシア報道関連と言ってますが)

因みにこの爆発テロは、22日の、22時に、22歳の容疑者が、22人の死亡者を出しています。

 

最近の物騒な事件等は、勢力同士の戦いが水面下で活性化し始め

ヨーロッパ、アメリカでは相次いで事件が表に出てきています。

さらにアメリカ国内では、また「暴動」が目的をもって動くという情報もあります。

BLM(どこに行ったやら?)や、更に新種のANTIFAやBAMNなどにもお金が流れている様ですので

当分、世界情勢が落ち着くまで小競り合いが予想されます。

また、シリア・ガス兵器をちらつかせているので

裏で何かをまとめる交渉があると思います。(ネオコン鎮痛剤とか)

とにかく、シリア内戦を終わらせる落としどころ「アサド大統領の処遇」が

各プレーヤー間で同意したでしょうから、ISISもまとめてシリア問題は今が終盤でしょう。

すべて「祓って」新時代到来です。

 

それではまた、「世界の裏」でお会いしましょう!

AI

2 件のコメント

  • AI より:

    補足:
    BLM: Black Lives Matter
    ANTIFA: Anti-fascism
    BAMN: By Any Means Necessary – Coalition to Defend Affirmative Action, Integration & Immigrant Rights, and Fight for Equality By Any Means Necessary

  • AI より:

    この記事は2017年6月執筆でしたが、現在8月、米国で「暴動」が目的をもって動きましたね。
    ただし、ANTIFAやBAMNではバレバレだったので、新たに違う「白人優位組織」でしたが、金の出どころは一緒です。つまり根本的には同じ性質です。

    ショーン・スパイサーは辞任しました。ホワイトハウス内部改造です。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です