魂の進化の旅 11・地球は陰陽五行で構成されている。この世の動きを解読する陰陽と五芒星の関係

こんにちは「魂の進化の旅」AIです。

さて、今回は陰陽道で有名な陰陽五行について。

 

この陰陽五行説は

陽=相生(そうしょう)

陰=相剋(そうかつ)

という二極性の性質と

五行=木・火・土・金・水

という地球上の五元素構成を表しています。

 

この五つの元素は地球上では

木=有機物

火=エネルギー

土=地

金=鉱物

水=水

に当てはまります。

 

そして、陰と陽という二つの相反する性質は

相生は「順送りに相手を生み出して行く」

相剋は「相手を打ち滅ぼして行く」という力関係になります。

これが地球の構成を表しています。

その陰陽五行説を五芒星で表すと図のようになります。

五つの元素を、相剋関係の白い矢印に沿って星型にたどると、

下記のような力関係になっていることがわかります。

「木は土に剋(か)ち、土は水に剋ち、水は火に剋ち、火は金に剋ち、金は木に剋つ」

つまり、木は土から養分を吸い上げて土を痩せさせ、 土は水をせき止め、

水を濁し 水は火を消し、火は金属を溶かし、金属は木を切り倒す

という相剋関係に配置されています。

また星の外周にある黒い矢印をたどると(相生関係)

「木は火を生じ、火は土を生じ、土は金を生じ、金は水を生じ、水は木を生ずる」

木は燃えて火を生みだし、火は燃え尽きて灰と化して土にかえり、

土は年月をかけて金属になり、金属は冷えて水滴を生じ、水は木を育む

こうした関係を五行相生といいます。

 

このように五芒星は陰陽道の根本原理を表しており、

世界を読み解く理論のベースになっています。

さて、この陰陽道の使い手である陰陽師は

術をかける際、五芒星をふんだんに使います。

安倍晴明正統の陰陽道の術は1,080種類あるそうですが、

(八角形の内角の和も1080度である)

五芒星を使わない術はほんの数種類しかないそうです。

この「相生・相剋」の関係を利用して陰陽師は

霊を召喚したり、閉じ込めたり、

また結界を施して霊をはじいたりするそうですが、

色々と手順も、力関係も、強弱も、方向も関係してくるので

私たち素人は絶対真似しないようにしましょうね。

 

因みにこの呪術的五芒星は「セーマン」「晴明桔梗(せいめいききょう)」

「安倍清明判(あべのせいめいばん)」などとも呼ばれているそうです。

 

聖徳太子も陰陽道の使い手だったそうですし、

さらに、陰陽道の発展に大きな役割を果たしたのは

壬申の乱で自らの勝敗を占ったエピソードでも知られる天武天皇だそうです。

また、織田信長、豊臣秀吉にも有能な陰陽師が就いていました。

さらに、武田信玄、徳川家康には、忍者の存在が就いていたそうです。

 

それではまた、「世界の裏」でお会いしましょう!

AI