魂の進化の旅 13・シネマ(3)闇雲に打ち上げるのが宇宙への行き方ではない!ローバート・ゼメキス監督映画「コンタクト」

こんにちは「魂の進化の旅」AIです。

今回はシネマ第三弾です。

 

「コンタクト」は1997年のロバート・ゼメキス監督の映画ですが

宗教、人類、科学、政治、宇宙など、トピック盛りだくさんの映画です(20年前ですよ!)

あらすじはこちら https://ja.wikipedia.org/wiki/コンタクト_(映画)

 

やはり物語の見せ場は、異次元にトリップするところですが

この映画の美しいところは

無神論者の主人公(ジョディ・フォスター)が

「神を証明できないから信じられない」と証言し

周りから理解を得られず非難されるのですが

映画の最後に彼女が異次元世界を体験し

前回とは真逆の立場となり

己の体験を証言するも「異次元を証明」できず

周りから理解を得られず非難されます。

その時、この世には「証明できない真実がある」と

彼女は結論を出すのです。

そして無神論者であった彼女と

有神論者の恋人が歩み寄るのですが。。。

 

残念ながら日本語字幕付きの映画紹介が無かったので、

英語のオリジナルバージョンになります。

YouTube Preview Image

 

それではまた、「世界の裏」でお会いしましょう!

AI