魂の進化の旅 14・名前は術!陰陽道からみた「名前」という強力な言霊・音霊の術

こんにちは「魂の進化の旅」AIです。

日本には古くから言霊や音霊といって

言葉や音に霊が宿るという考えがあります。

 

映画「陰陽師」にも出てきますが

野村萬斎演じる安倍晴明が

「一番短い呪(しゅ)は名前だ」

と言ってましたね。

そうです、その音霊と言霊を使えば「名前」は術になります。

考えてもみてください、一体何回名前を人生において呼ばれるのでしょうか?

 

昔、自分の子に「悪魔」と命名した親がいましたが

いったい何を考えていたのでしょうね?

名前は親が子供に送る最初のプレゼントでもあるし

その子の将来をこめて命名するはずです。

(外国の場合、親の名を受け継いだりすることもありますが)

 

音霊、言霊のほかに「数霊」もありますが

何故か日本では「八」以外の数霊は隠されています。

そしてこの日本の「八」は古代から受け継がれています。

 

それではまた、「世界の裏」でお会いしましょう!

AI