魂の進化の旅 24・私の考える時間の概念

こんにちは「魂の進化の旅」AIです。

今回は時間の概念に迫ります。

ただし、あくまでも私の考えです。

皆様のコメントお待ちしてします。

 

そもそも時間とは何でしょう?

過去、現在、未来を測る物差しでしょうか?

いつから人間は時間の認識を始めたのでしょう?

それとも人間が時間を認識した為に

この世の二極性を生み出したのでしょうか?

この時間の認識が、この世の善悪を生み出したのでしょうか?

つまり時間は人間の脳内が作り出している感覚なのでしょうか?

 

最近はこうした日常的な時間は存在しないという人も増えてきてます。

時間は人間が文明を上手く説明するための物差しに過ぎないと。。。

 

最近は、ニュートン式の時間の概念よりも、

アインシュタインの相対的時間の概念の方が

正しいと考える人が増えてきました。

つまり、時間とは重力に関係あるみたいです。

重力が時間を遅くする。

そして重力は時間と空間のゆがみの現れだそうです。

アインシュタインの「重力による時間の遅れ」の論理に従えば

重力を制したものが時間を制するのか???

だからCERNとか加速器とか、色々と研究がなされているのでしょうか?

 

それではまた、「世界の裏」でお会いしましょう!
AI

3 件のコメント

  • ミキ より:

    時間の流れのお話はとても難解で、私にとって勉強不足に拍車がかかっている分野です。
    もし時間という概念が頭の中の現象に過ぎないということを納得できるなら、宇宙観や人生観がかなり変わりそうです。

    ただひとつ感じることは、地球上の時間の流れ、タイムラインがどんどん加速しているのではないか?ということくらいです。

    • AI より:

      物理学者の一生の謎ですよね。
      でも、物の腐敗が空気中の微生物のお陰なら人間の老いも
      時間の経過の結果ではなく単なる微生物のせいでしょうか?
      地球と他の惑星は重力が違うから時間の経過が違うと思います。
      この論理を使って作った映画が「インターステラー」なので、
      次回はインターステラーを紹介しますね。
      たしか、「猿の惑星」もそうだったハズ。
      いつもコメントありがとうございます。

  • Genchan より:

    僕も時間って無いんじゃないかと思い始めてきました!
    様々なことが生じているのは、それらが勝手に動いたりしているだけで、それを「時間の経過」と
    呼称しているに過ぎない気がします。
    「地球も太陽も風も人も自由気ままに動いているだけじゃね?」と勝手に思ってます(笑)
    時間・・数字に拘束されているとも取れますね。それと同時に物事を推し測るのに大切なツールです。
    人間の社会活動を円滑にするのにも必要ですね!時間の概念がないと、予定や予約が取れないですもんね。

    お金と一緒で、人間が生み出した超便利な道具として僕は捉えてます(^-^)/
    そう考えると、数字を編み出した人は、これらの超便利なツールのパイオニアとも呼べますね!
    話しにまとまりがなくてすみません(^_^;)))
    僕の悪い癖ですね(笑)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です