(4)リーマンショックが起こった理由

それにしても、そもそも「リーマンショック」はなぜ起こったのでしょうか?

実は、リーマンショックを引き起こしたのは、ごく少数の富裕層が、
その権力で私利私欲に走ったからだけではありません。

他にも原因があります。

サブプライムローンとは、簡単に言えば
「返済能力がなくても、あなたは家が買えますよ」といった商品だったわけですが、

貧困層に返すあてのない借金をさせ、利益を捏造するという、
普通に考えればあり得ない商品が、なぜ大々的に売り出され、
それが当たり前のようにまかり通っていたのか?

それは、サブプライムローンは、ブッシュ政権が低所得者である貧困層から人気を集めるため、
それと票稼ぎをするために格差是正という大義名分のもと売り出されたものだからです。

商売の一つも経験した事のない学者の理論を鵜呑みにして、
財政支援等によりサブプライムローンは後押しされたのです。

つまり「サブプライム問題」を引き起こした根本的理由は、
一部の富裕層と彼らに金を掴まされた学者、そして政治資金と票が欲しい政治家、
さらには少しでも豊かな生活をと願う貧困層による共謀から始まったものなのです。

実はこれらの人たちには、ある共通の思想がありますが何だかお分かりでしょうか?

そうです、「自分」または「自分の家族」さえ良ければ他人なんてどうでも良い、という考え・・・
すなわち「私利私欲」です。

「私利私欲」は絶対に経済の破綻を生みますし人間社会を破滅に追い込むのです。

image008