米国が9.11を起こした理由

ウサマ・ビンラディン

2011年5月2日、国際テロ組織アルカイダの最高指導者
ウサマ・ビンラディン容疑者(54)が
殺害されてというニュースが入りました。

ウサマ・ビンラディン

ウサマ・ビンラディン

AP通信は容疑者の遺体は「水葬」にしたと伝え、
ロイター通信は水葬は北アラビア海で行ったと伝えました。

さらに米国防総省高官は、遺体から検出されたDNAを分析した結果、
本人に間違いないと述べたのですが、
実はビンラディンがこの日に死んだというのは真っ赤な嘘です。

このようなマスメディアの偽情報により、世界の人々はだまされるのです。

何を根拠に嘘だといっているのでしょうか?

それは、ここ数年の米国の動きを見れば分かります。

9.11テロ以降、米国は2ヶ国と大きな戦争をしています。

それはアフガニスタン侵攻とイラク戦争です。

実際は米国には、アフガニスタンや
イラクを攻撃する大義名分はどこにもありませんでした。

米国は戦争を起こすための理由を無理矢理に作ったのです。

戦争に踏み切った当時のブッシュ大統領(Jr)が
選挙に勝つまでも不可解で、
あれはブッシュが選挙に勝つように仕組まれていたとしか思えないのです。

なぜなら、選挙の投票用紙を積んだトラックが横転し、
扉が開いて投票用紙がバラ撒かれたので再選になった・・・

とか、そんなことは普通はあり得えませんよね?

実際に世論調査では、ゴアが勝ってたのに再選ではブッシュが勝ったのです。

なぜなら、ブッシュが大統領でなければ戦争が起こせないからです。

米国はどうしても戦争がしたかった・・・

もし、ゴアが大統領になると戦争がやりにくくなる・・・

だからブッシュが大統領になる必要があったのです。

「湾岸戦争」の時に指揮をとっていたのは、ブッシュ米大統領(父)でした。

その息子であるブッシュ(Jr)が大統領になれば、
戦争を起こすまでのストーリーが非常に理解しやすいから・・・というわけです。

これは、どういうことでしょうか?

その前にイラクが米国に戦争をしかけて欲しかったことはご存知ですか?

それは、当時のイラクは国内の対立が激しく、
一度、米国に国を潰してもらい再建したいという考えがあったからです。

米国は勿論、その話にのりました。

のらないわけがありません。

ただし、イラクは米国に条件を出しました。

それは大統領をブッシュ(Jr)にすることだったのです。

なぜなら、ブッシュ(父)は湾岸戦争の時に、
中東では悪魔と言われていた存在だったからです。

その悪魔の息子が米国で、また実権を握ったとなると、
中東の民衆は立ち上がるしかなく、
このストーリーが最も戦争を起こしやすかったからです。

だからブッシュ(Jr)が大統領になることが一番の理想だったのです。

そして世論調査では、ブッシュよりも有利だったゴアが大統領の座を降ろされました。

その代わりにゴアに約束されたのがノーベル平和賞だったというわけです。

米大統領

米国がどうしても戦争をしたかった理由は、これだけではありません。

米国の公共事業は「戦争」です。

どこかで戦争が始まれば、その戦争の爆撃映像や
破壊された現場の映像などがテレビのニュースで伝えられます。

一般人には、ただのニュースでしかない、
そのような映像も米国にとっては宣伝なのです。

ミサイルがターゲットを正確に捕えれば、
そのミサイルが高性能だという証明になるし、
現場の被害が報じられれば、その武器の破壊力がわかります。

それを見て世界の国々から米国の軍需産業に注文が入るのです。

米国を裏で操っている黒幕(シークレットガバメント)の
配下である軍需産業が武器を必要としている国に
武器を売ることで莫大な金を儲けているのです。

戦争が起これば結果として、
シークレットガバメントも米国も経済的に潤うという仕組みなのです。

残酷ですが、戦争が起きて不幸になる人もいれば、
戦争で儲けて喜んでいる人間も存在するというわけです。

戦争を好んで行うのは、そういった一部の人間であり、
ほとんどは戦争なんて起きない方が良いと思っているに決まってます。

なのに、なぜ戦争が起きるのでしょうか?

米国がヒーロー大国であることはご存じだと思います。

ヒーロー大国だけに国民は正義感あふれてます。

シークレットガバメントは、この正義感につけ入り、
国民をうまい具合に煽りたてているのです。

まず、母国が傷つけられれば国民は立ち上がるということです。

米国民の士気を上げ、開戦に正当性を持たせることで、
戦争を起こしやすい状況にしているのです。

さらに、悪の親玉が存在すれば、
もっと戦争を起こしやすいことは9.11を見ればわかります。

ビンラディンは大量虐殺を行った悪の親玉・・・
すなわちテロ組織のボスとして仕立て上げられました。

なぜそれが、ビンラディンだったのでしょうか?

実はブッシュ家とビンラディン家は、
昔からとても仲の良い親密な関係にあったのです。

だからこの大芝居を簡単に行うことができたのです。

勿論、両家が9.11で大金を懐におさめたのは間違いないでしょう。

冷静になって考えてみてください。

9.11テロから10年もの間、ビンラディンが
捕まらなかったこと自体が不思議と思いませんか?

米国は衛星から地上にいる小さな虫でさえ、
拡大して監視ができる国ですよ。

しかもFBIやCIAなど世界中にスパイを潜り込ませている国です。

なのにビデオメッセージまで送りつけてくる
ビンラディンを探せないはずがないのです。

9.11テロは最初のハイジャックからおかしいのです。

ハイジャック防止システムが最も発達している航空業界の中心である米国で、
ほぼ同時に4機ものハイジャックが出来るわけがないのです。

恐らくそれは日本でも無理でしょう。

あなたは、ハイジャックされた飛行機の機内の様子を再現した映像を
テレビや映画で見たことがないですか?

乗客が家族に電話する場面がありますよね。

実は民間機が飛行する高度では
当時の携帯は電波が届かなかったのです。

その数年後、米国は巨額の資金を投じて
民間機が飛行する高度でも携帯の電波が届くようにしました。

機内で携帯電話の使用が可能ならともかく、
禁止されているのになぜそんなことをする必要があったのでしょうか?

どう考えても、そうした事実を隠蔽するために行ったとしか思えません。

私は当時、9.11テロで航空機が突入するニュース映像を見て、
初めは映画のワンシーンだと思っていました。

後で、こんなことが現実の世界で起こっていることを知った時、
大変ショッキングでした。

アルカイダという組織、そしてビンラディンという人物を
相当な悪だと思っていました。

ところが、この事件の一連が自作自演という
米国による大芝居だったなんて・・・

多くの犠牲者を出すとわかっていて、
しかもそのほとんどが自国民なのに・・・

それでも平気で実行するのですから米国は恐ろしい国です。

そんな国だから人間の間引きなんて簡単にやるでしょう。

第三次世界大戦、世界大恐慌、
それに世界人口調整(世界人口削減)など、
決して空想の話ではありません。

起こってからでは遅いのです。

日本国民はこうした事実を踏まえた上で、
もっと危機管理を行うべきであり、
これらを阻止するために何らかの活動をする必要があるのです。