(2)釈迦も予言していた

チベットに伝わる釈迦の予言書は沢山あります。

釈迦とは、紀元前5世紀ごろのインドの人物で仏教の開祖です。

また、佛陀(ブッダ)は、「悟った人」を意味する釈迦の尊称で、
「仏教」や「仏像」などの名称はこれに由来します。

釈迦像

釈迦像

釈迦が亡くなって56億7千万年後に仏陀〈弥勒菩薩(弥勒如来)〉となって
この世に戻ってきて、人類を救うとされる説があります。

で、この弥勒菩薩の「弥勒(みろく)」ですが、

弥勒=三六=666とも考えられます。

弥勒菩薩像

弥勒菩薩像

この56億7千万年後とは現在の終末のことを表わしているともいわれていて、
それが1999年と考えている人もいるようです。

※この56億7千万という数字は、「年」ではなく「距離」だという説もあります。

実は、釈迦が生きていた時代が、ある程度、統計学で予測できるそうで、
その時代の世界の人口は3億3000万人だったという説があります。

で、先ほど出た56億7000万という数字と
釈迦が生きていた時代の人口3億3000万を足すとちょうど60億になります。

この60億という数字には色んな説がありますが、
専門家の間で有力とされているのが「人口」です。

実は世界の人口が60億人を突破したのが1999年10月12日(とされていました)

そう、ノストラダムスが予言していた年なのです。

人類には、毎日生まれる人もいれば、死ぬ人もいて、
正確な人口なんて正直なところ分かりませんが、
60億人に達成したのが、一応、1999年10月12日とされていたのですが、
なぜか後に1998年に修正されてます。

なぜ修正されたのでしょうか?

もしかすると、グランドクロスが起きた1999年の8月11日に
世界の人口は60億を突破した可能性もあるのです。

ノストラダムスが予言をハズしたと思っているのは世界中で日本人だけであり、
彼は1999年に全人類が滅亡するなどは、一言も言ったわけではなく、
天体配置からして地球が十字架にかかると言っただけです

これは地球人類にとって、とても重要なことなのでスフィンクスと言うモニュメントに、
そのメッセージが込められていたのではないでしょうか?

スフィンクスは全人類に質問を投げかけてます。

そして、その質問に答えることが出来ないと食い殺される(この謎が解けなければ人類は終わる)
という事を伝えたかったのかも知れません。

今、地球で何が起ころうとしているのか?

皆で考えてみましょう。

そして、その謎を解き、世の中を正常な道に戻さない限り私たちの未来はないのです。