2012年問題(核兵器編)

アステカカレンダー

多くの人が懸念している2012年問題。2012年は、いったいどうなるのでしょうか?

マヤの暦は2012年12月22日で終わっています。

とはいっても、日付変更線により世界の国々で多少は時間のズレがあります。

アステカカレンダー

アステカカレンダー

 

ただ、この日付の前後でマヤ民族の予言にもあるように何か起こるのではないか?といわれています。

他にも「2012」という映画でもお馴染みのように天変地異が起こるのではないか?ともいわれています。

果たしてどうなのでしょうか?

 

実は、地球ではインド沖から南を回ってプレートが移動しています。

インドネシアでは、火山噴火・津波が起きましたよね。

そのうち火山の噴火は、フィリピン→台湾→日本…となる可能性が大きいのです。

フィリピン海プレートが順番にズレていってるのです。

このズレが最終的に到達する場所が、なんと富士山の真下なのです。

そう考えると、富士山は天災で噴火するようにも思えます。

ところが、そうではないのです。

このことは、また別記事でお伝えしたいと思います。

 

ところで、台湾はユーラシアプレートとフィリピン海プレートと両方にまたがっています。

つまり、フィリピンが噴火した後、台湾が噴火し、その次に噴火するのが日本なのです。

これをリサーチしているところは日本には、どこにもないのではないでしょうか?

これが2012年内に起こるかどうかはわかりません。

恐らく起きないとは思いますが・・・

しかし、間違いなく近年、日本の火山は富士山も含め大噴火するのは間違いありません。

 

さて、2012年問題はそれだけではありません。

2012年は米国の大統領選挙が行われます。

ロシアの大統領選挙も2012年です。

そして中国も…

そう、世界の超大国すべての指導者が2012年に入れ替わろうとしているのです。

その時の指導者によって世界がどう変わるかが決定します。

これで世界の仕組みが大きく変わるのです。

キリストを崇拝している欧米人が懸念しているのはハルマゲドンです。

ハルマゲドンとは、世界最終戦争のことです。

これは、聖書にもちゃんと預言があります。

キリスト教もイスラム教も、原理主義は早くハルマゲドン起こして聖書の預言を成就したいと考えています。

米国は戦争がないと滅びる国です。

だから絶えずあちこちで火をつけて回っています。

これが、いつも言っている第三次世界大戦に突入です。

例えば米国で、オバマ大統領がどんなに平和を唱えたとしても、軍産複合体が戦争をするといったら、それに従うしかありません。

もし、逆らったらジョンFケネディーのような結末が待っているのです。

つまり北朝鮮が行った核実験でも米国にとっては喜ばしいことなのです。

北朝鮮が核実験やミサイルを発射して日本を牽制しても日本は何一つ手出しができません。

日本の自衛隊は専守防衛ですから敵が攻撃してこない限りは絶対に反撃ができないのです。

しかし、攻撃されてからでは遅いのです。

だからこそ、日本も核兵器を持つべきなのです。

核こそが専守防衛の理想的な兵器なのです。

日本のような平和ボケした平和主義が世界を滅ぼすのです。

日本が核兵器を持つことは、米国が絶対に許さないという考えもあるようですが、残念ながらそれは違います。

米国に核ミサイルが届かなければいいのです。

要するに日本の核兵器は、韓国、北朝鮮、中国、ロシアには届くが、グアムまでは届かなければ良いのです。

それでもダメなら、核ミサイルを米国に作らせれば良いのです。

すると米国は喜びますし、どこの国も日本に手が出せなくなるのです。

これが本当の専守防衛で、理想的な自衛隊のスタンスと一致するのです。

プルトニウムは日本には山ほどあるので簡単に核兵器は作れます。

 

 

「平和・平和」と言うのは簡単です。

しかし、それは自分の体から白血球を抜いくれ、と言っているのと同じなのです。

外部から侵入してくるウィルスを殺してくれるのが白血球の役目です。

核兵器は持っていることに意味があり、使わなければ良いのです。

日本が核兵器を持つこと・・・それが本当の意味での日本の平和なのです。

今、北朝鮮と韓国は争っていますが、実は将来的には、同民族なので統一するのです。

北朝鮮は韓国を合併吸収しようとしています。そして韓国も半数以上が北朝鮮を崇拝しているのです。

つまり遅かれ早かれ、北朝鮮と韓国は合併して統一されるのです。

どういうことか分かりますか?

そうです、韓国にも自動的に核兵器が手に入るということなのです。

となると、核兵器を持たないのは日本だけとなります。それでいいのでしょうか?

他国から見れば、日本は何の抵抗もできない国と見なされています。

つまり、この先、他の国がどんどん日本に入り込んできます。

これはパワーバランスが取れていないからです。

このままなら確実に日本は崩壊します。

そんなことは、誰が見てもわかるでしょう。