20ドル札を飛行機の形に折ればWTCが
炎上している様子が浮かび上がることは前に紹介しましたが、
驚いたことにこれはWTCがテロ攻撃を受けて、
崩れ落ちるまでの一部分でしかなかったのです。

米紙幣は1ドル、5ドル、10ドル、20ドル、50ドル、100ドル
までの6種類がありますが、1ドル札は特別な紙幣なのでここでは省きます。

1ドル札を省いた5ドル~100ドルまでを20ドル札同様に飛行機の形に折ります。

するとある物語が完成するのです。

米国史上最悪な出来事だった9.11同時多発テロの一部始終が、
この5枚の紙幣が予告していたのです。

5ドル紙幣=WTCがそびえ立っている

doru3

10ドル紙幣=WTCから煙が出る

doru16

20ドル紙幣=WTCが大爆発

doru15

50ドル紙幣=WTCが崩壊しはじめる

doru7

100ドル紙幣=崩壊後、煙と化する

doru12

20ドル札だけならまだしも、1ドル札を省いた
ドル札全てが9.11を予告していたのです。

これはもう偶然で片づけることはできません。

またWTC攻撃後が描かれた10ドル、20ドル、50ドル、100ドル札を
すべて足すと180ドルになり、ここには「18」という数字が刻まれています。

18が悪魔の数字666と同じ数字を表しているのはご存知ですよね。

6+6+6=18

それにしても、何でここまでドル札には
9.11が予言されているのでしょうか?

これは18という数字を使って、
世界財閥の連中がこの世を支配している証拠でもあるのです。