日本の紙幣の肖像画に選ばれた人物は、
フリーメイソンのメンバーだと言われています。

ところが新五千円札にはフリーメイソンには
入会できないはずの女性の肖像画が描かれています。

五千円札

五千円札

 

その人物とは明治時代の小説家だった「樋口一葉」です。

新しい五千円札にモデルチェンジする際、
女性を起用しようという流れがあったそうです。

歴史上、有名な女性はたくさんいるのに
なぜ樋口一葉が選ばれたのでしょうか?

その名前に「鍵」があったのです。

実はフリーメイソンに女性が入会できないというのは、
あくまでも正式なフリーメイソン一派の流れを受け継いでいるロッジであって、
18世紀中盤以降にはフランスを中心として正規以外の分派や組織が次々と作られていき、
その結果として20世紀に入ってからは男女混合のフリーメイソンや
女性限定のフリーメイソンなどが続々と登場するようになったのです。

Grande Loge féminine de France

米国では正規のフリーメイソンでは女性の入会が認められてませんが、
女性が入会できる外郭団体がいくつも存在しているのです。

樋口一葉がフリーメイソンだったかどうかは、
今のところ未確認ですが、なぜ五千円札の肖像画に起用されたのか?

その名前に秘密が隠されていたのです。

 

一葉=「イチ」と「ハ」

つまり、葉をハにすることで、一八…18という数字が、
きっちりとマーキングされているのです。

en40

新五千円札は樋口一葉を選ぶことで
666のメッセージを刷り込んでいるのです。

また、表側の左に描かれている「五千円」の千の文字の後には、
神の目を表すヤハウェの目のマークが描かれています。

このマークは他の紙幣では文字にかぶらないように描かれているのに、
なぜ五千円札だけ重なっているのでしょうか?

どうやらそれは「千」に意味があるようです。

その意味を知るためにはまず先に
お札の裏側に隠された謎を解かなくてはなりません。

 

五千円札を裏返すと左側にアヤメの花が描いてあり、
右側に炎のような模様が上下に7つずつ描いてあります。

実はこの模様はユダヤの「メノラー」を表しているのです。

en36 en17

メノラーとは燭台のことで要するにロウソクを立てるための台です。

炎の模様が7つ、メノラーの枝も7つでピッタリと一致します。

この炎の模様の上真ん中と下両端を線で結びます。

同じく下真ん中と上両端を線で結ぶと六芒星が浮かび上がります。

実はこの五千円札と米1ドル札の六芒星の大きさは全く同じなのです。

en13

 

en43

 

続いて、この六芒星を半分に折り鏡に映しながら透かして見ます。

すると表にあった千の文字が神社の鳥居の形になって浮かび上がるのです。

ユダヤのマークである六芒星の中になぜ鳥居が出現するのでしょうか?

en42

それは日本とユダヤは深い関わりがあるからです。

また五千円札は全体的に紫色で表には紫苑色も使われています。

これはイスラエルの都市エルサレム地方の歴史的地名である
「シオン」という意味が隠されているからです。

そして、イスラエルの国旗は六芒星が国章にはメノラーが描かれています。

これらのマーキングはただの偶然ではありません。

間違いなく世界財閥が意図的に組み込んだものです。

なぜなら世界の金融を支配しているのは彼らだからです。

en22