2006年3月20日、ICチップ付き新型パスポートの発行が実施されました。

9.11などの国際的なテロ防止策の一環として、パスポート偽造を防ぐ為と言って、持ち主の顔の画像をICチップに記録させた旅券の発行が義務付けられたのです。

パスポート

パスポート

 

偽造が困難で、安全性の高い旅券を求める国際的な動きに加え、米国はビザ免除継続の案件としてIC旅券の導入を求めました。

そして、2005年6月3日、参議院本会議で改正旅券法が全会一致で可決されたのです。

 

新型のパスポートには、顔のデータなどを記録したICチップが、外見上わからないように埋め込まれています。

これは、専用の読み取り機を通じてデータ確認する事が可能です。

その際、入国審査官は確認した本人の顔と顔写真を照合すると同時に、コンピューターで読み取ったICチップの内容が一致するかどうかを調べることが可能です。

ICチップ パスポート

ICチップ パスポート

 

外務省では「人と機械による二重チェックで、他人が旅券の顔写頁をすり替えはできなくなる」と言ってますが、米国の目的はテロ対策だけなのでしょうか?

いいえ、そんな訳がありません・・・これは個人のデータを収集するのが本当の目的です。

9.11が起こされた目的の中の一つにも、こうしたシステムをスムーズに導入するためというのが、あったのではないでしょうか。

 

このICチップには、当初、指紋や虹彩も検討されていました。

がしかし、国際標準が定まっておらず、今のところまだ顔の画像のみとなったのです。

ですが、いずれはバイオメトリクスが全面的に導入される事は間違いないでしょう。

 

事実、法務省は出入国管理をスムーズに運ぶため、希望者のみ、本人の指紋情報を登録した「出入国カード」を発行する方針を打ち出しています。

このカードを持っている人は、空港での旅券審査が省かれ、指紋とカードを機械で照合するだけで、出入国審査を終えてしまうというわけです。

さらに、このカードには、両手の人差し指の指紋情報の他に、旅券に掲載掲載されている情報もICチップに入力されます。

 

海外へ出国するときや帰国したときに必ず通らなければならない「出入国審査」。

混み合う時期や時間帯では、出入国審査カウンターの前には、審査を受ける人の長い行列ができ、審査を通るまでに時間がかかってしまいます。

そのため、こうした審査の混雑を緩和するため、出入国審査場に「自動化ゲート」を導入。

自動化ゲート

自動化ゲート

 

これは、パスポートと指紋の照合で本人確認を行い、自動的に出入国手続きができる管理システムで、利用登録をしておけば、出入国審査が混んでいるときでも、自動化ゲートの専用レーンでスピーディーに出入国審査が可能・・・という建前になっていますが、実際は指紋データを収集する事が最大の目的です。

このシステムは、成田空港では2009年7月から導入されています。

現在では任意で、試験的に行っているようですが、いずれは、これも義務付けられるようになるでしょう。

なぜなら、入国する外国人対しては、指紋採取と写真撮影を義務付ける方針を打ち出しているからです。

 

指紋認証による自動化ゲートシステムの利用者

指紋認証による自動化ゲートシステムの利用者