JR新宿駅新南口駅前に、高島屋が運営する
「タカシマヤ・タイムズスクエア」という建物が存在します。

そして、タカシマヤ・タイムズスクエアの先には、
エンパイヤ・ステート・ビルを彷彿とさせる
NTTドコモ代々木ビルがそびえ立っています。

タカシマヤ・タイムズスクエア

タカシマヤ・タイムズスクエア

ニューヨーク・タイムズスクエア

ニューヨーク・タイムズスクエア

そもそも、タイムズ・スクエアというのは、
米国のニューヨーク市内ミッドタウンにある街のことですが、
なぜ東京に同じ名前が存在するのでしょうか?

しかも建物までが似ているのは何か裏に意味がありそうです。

ところ変わって東京都港区フジテレビがある所で有名な「お台場」を見てみましょう。

海に面したこの街はなぜか数年前から「自由の女神」が建っています。

通称「お台場の女神」です。

ニューヨークにある「自由の女神」は、
フランスのフリーメイソンが米国の独立を記念して建てられたものですが、
お台場の女神はいったい何のために建てられたのでしょうか?

お台場の女神

お台場の女神

自由の女神

自由の女神

何者かが何らかの意図をもって東京をニューヨーク化しているように思えます。

もし東京がニューヨークを模写して造られているとしたら・・・
今はなきニューヨークのシンボルだったWTCにあたる場所はどこでしょうか?

恐らくそれは「六本木ヒルズ」ではないでしょうか?

なぜなら、あのビルはツインでこそありませんが、
WTC同様、日本経済の象徴とも言えるからです。

そして何より気になるのが住所です。

本木 丁目 本木ヒルズ」だからです。

実は住所から悪魔の数字666が浮かび上がるのです。

六本木ヒルズには『六本木ヒルズ族』と呼ばれている人達が存在します。

そもそも六本木ヒルズ族とは、六本木ヒルズ内の森タワーに本社を置く
企業経営者や六本木ヒルズ内にある高級マンションに住む裕福な住人の俗称であり、
IT関連企業や投資ファンドの経営者や幹部などが多いとされています。

六本木ヒルズ

六本木ヒルズ

次に東京メトロの溜池山王から13番出口を出るとアークヒルズ(森ビル)があります。

この13という数字も悪魔崇拝組織がよく使う数字ですが、
この出口の番号と何か関係あるのでしょうか?

アークヒルズは、港区赤坂一丁目と六本木一丁目にまたがっているビルですが、
この「アーク」という名称もユダヤの「聖櫃=失われた契約の箱」を意味していて実に不気味です。

アークヒルズ

アークヒルズ

アーク

アーク

六本木ヒルズのある場所は、もともと毛利藩邸の跡地で、
赤穂浪士が切腹した場所とも言われていますので益々と不気味さが増します。

なぜそのような曰くつきの場所に日本経済に大きな影響をもたらす
大企業が入るようなビルを建てたのか?

もしかしたらビル自体を墓標として見立てているのでしょうか?

この六本木ヒルズ内で呪いがかかったかのように相次いで起こる事件は何なのでしょうか?

かつて、この辺りには防衛庁もありましたが2000年5月に市ヶ谷に移転しています。

この移転にも何か意味があるのでしょうか?

666と13という数字のマーキング、アークという名称、
赤穂浪士が切腹したという場所、多発する事件やスキャンダル・・・
今後、ここではいったい何が起こるのか?

もし、WTCに見立ててあるのなら9.11のように航空機が突入するとでもいうのか?

世界貿易センタービル

世界貿易センタービル