安室奈美恵が登場するCMで、女性なら誰もが知っている
VS(ヴィダル・サスーン)というシャンプーがあります。

安室奈美恵

安室奈美恵

YouTube Preview Image

実は、この「ヴィダル・サスーン」という名称は、
ユダヤ系カリスマ美容師のヴィダル・サスーンが由来しており、P&Gという会社が出している商品です。

P&Gは、フリーメイソンの幹部としても知られるサスーン財閥が所有する会社です。

また、カリスマ美容師だったヴィダル・サスーンもサスーン財閥の支族にあたります。

image068

ヴィダル・サスーン

ヴィダル・サスーン 

サッスーン財閥と言えば、ロスチャイルド財閥の支家の一つで、
アヘン戦争で巨額の富を築いた世界財閥としても知られる一族です。

このVSのイメージキャラクターに起用された安室奈美恵は、
右手首にバーコードのタトゥーを入れていることでも知られていますよね。

 

アヘンの利権を第二次世界大戦中に、サスーンから奪ったのが、
日本陸軍が設立した軍需国策会社の「昭和通商」で、
これまたフリーメイソンと関係の深い三井・三菱で運営されていました。

この昭和通商にいた牧野雅広の息子の牧野正幸が経営しているのが、
安室奈美恵が所属していた音楽プロダクションの「沖縄アフターズスクール」 です。

この学校からは、安室以外にもSPEEDやMAXなど多くの有名人を輩出しています。

ま、こんなことはどうでも良いことです。

実はもっと深刻な話があるのです。

陰の世界政府は、世界中の大衆を管理するため人の右手首と額にバーコードを入れようと
計画していることは前にも述べたと思います。

で、ヤクザや悪人など恐いイメージでしかなかった刺青が近年では、
日本の一般社会に浸透し、一般人が入れてても女性が入れてても、
現代社会において何も違和感がなくなりましたよね。

日本において、あれだけ「刺青=悪」だと根付いていたイメージを、
一気に払拭さたのはタトゥーブームのおかげに他なりません。

そして、タトゥーブームを作るきっかけとなったのは、
安室奈美恵が右手首にバーコードのタトゥーを入れたからではないでしょうか?

このブームによって、スポーツ界や芸能界においても入れてる人が増え、
テレビでも街をある歩いていもて、タトゥーをしている人を度々目にするようになりました。

これは日本だけではありません。

世界中がタトゥー文化に染まっていったのです。

しかしよく考えると、このタトゥーブームの裏には仕掛け人が存在していたのではないでしょうか?

この先に待ち構えているレーザータトゥーガンで、
666のバーコードを人類に打ち込むことに慣れさせるためではないでしょうか?

image070

刺青は一種のファッションだということをイメージさせることができれば、
右手首だろうが、額だろうが666を喜んで刻印させてくれるようになるだろう・・・
といった考えのもとに、タトゥーブームは意図的に起こされたように感じるのです。

そうした仮説を立てた場合、安室奈美恵は自分の意思ではなく、
背後にいる黒幕に刺青を入れることを強要されたのかも知れません。

あるいは、安室奈美恵の存在自体が黒幕によって作られた可能性もあるわけです。

何よりも気になるのが、サスーン財閥が彼女の背後に隠れていたこと・・・
そして、サスーン家はイルミナティであるということです。

裏で、このようなシナリオを描いてても、おかしくはないのです。

なにしろ、ヨハネの黙示録の第13章16節~18節にもそう書いてありますし、
彼らは聖書に基づいて事を進行させているわけですから。

小さき者にも、大いなる者にも、富める者にも、貧しき者にも、自由人にも、奴隷にも、すべての人々に、その右の手あるいは額に刻印を押させ、この刻印のない者はみな、物を買うことも売ることもできないようにした。この刻印は、その獣の名、または、その名の数字のことである。ここに、知恵が必要である。 思慮ある者は、獣の数字を解くがよい。その数字とは、人間をさすものである。 そして、その数字は六百六十六である。

考えすぎだ!と思う人もいるかもしれませんが、この世の中、考えすぎくらいで丁度いいのです。