CERN(セルン)で地上に地獄を再現する

平民です!

欧州素粒子物理学研究所。

1954年にヨーロッパの12カ国が出資して設立された研究所。

WWWの仕組みを開発したことで知られる。

CERNという略称は、暫定的な組織として発足したときに付けられた「Conseil Europeen pour la Recherche Nucleaire」という名前が由来。

●終戦からわずか7年後に欧州スイスで建設された”CERN”という世界最大の加速器(LHC)を有する施設において、ビッグバンの再現やブラックホールの生成を目した、数兆電子ボルトという超高圧状態下における陽子高速衝突実験をはじめ、あまりに危険極まりない試行の数々がそこで繰りひろげられています

(LHC本格再稼働後の2015年5月21日には過去最高の13兆電子ボルトに到達したとの報告有り)

それも、各国からの大型助成金付きのプロジェクトという名目で、公然と行われています。

当然のことながら、これに対しホーキング博士を初めとした世界各国の科学者達が警鐘を鳴らし続けています

(近年多発している地震の引き金となっているという指摘すら出ています)

※参照:ヒッグス粒子研究が地球の時空をゆがめ破壊する:ホーキング博士

●私が考えるには、彼らの狙いとは「破壊と再創造」、加えてその先で「支配」を目論んでのことだと思います。

つまり、まるで聖書の中のノアの洪水のごとき世界の一新を人間の手で作り出す、言い換えれば「神への挑戦」にほかならないと思います。

ある日本人ノーベル賞受賞学者は、こういわれました。

「自然は常に人間の先を行っている」。

この方が自然界をとことん研究する中で解明が進み、この発見でほぼ全容が見えた、と思っても、きまって、常にその先に説明のつかない膨大な要素が広がっていく、というご自身の体験からのお言葉のようです。

●エヴェレットの多世界解釈とLHCの超巨大実験!
インターネットの創設者はCERN!裏にはロスチャイルド家と原発利権の影があった。

●これだけ、巨大なLHCは電力も桁違いに多く使用します。
それこそ、LHCをひとつフル稼働にするだけで、原発1基に匹敵する電力を使用しており、原発利権にとっては大切なお客様であるとも言えるでしょう。

平民

1 個のコメント

  • ジーク より:

    ダヴィンチ・コードのダン・ブラウンも2作目の映画、「天国と地獄」でセルンの事を冒頭から描いてましたけど、
    あれって、もしかしてプロパですかね?
    そうだろうなぁ。 でないと、消されてますわな^^^。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です