ケムトレイル

私たちの知らない環境問題に「ケムトレイル」の存在があります。

そもそもケムトレイルとはいったい何なのか?

ケミカル・トレイルの略で、

ケミカル(化学物質)
トレイル(引きずる)

とい言う意味ですが、

日本では煙(けむ)トレイル(引きずる)と認識している人も多いようです。

これは航空機が化学物質を空中噴霧することによって現れる飛行機雲に似たものです。

実は飛行機雲は水蒸気のため、あまり長い尾を引かず、すぐに消えるのです。

航空機の姿が無いのに長い一直線の雲が残っている場合は、
間違いなくケムトレイルと考えて良いでしょう。

多くの人が飛行機雲だと勘違いしている飛行機から出ている煙、
あるいは空に雲のように残っている細長い線は実はケムトレイルなのです。

次の画像はケムトレイルを噴霧する航空機と噴霧した後です。

image002 image003

このケムトレイルの散布は先進諸国の政府と軍と製薬企業の共同プロジェクトです。

政府は人口削減が目的で軍は生物兵器実験・気象操作が目的です。

そして製薬会社は病気を与えて薬を売るために行っているのです。

中でもインフルエンザウイルスは凍結したものを人口繊維の中に封入し、
ケムトレイルに混ぜて都市上空から航空機によって空中で噴霧されています。

多くの人は「そんなこと信じられない・・・ただの陰謀論にすぎない」と思うかもしれません。

しかし、この情報はケムトレイル政策会議に出席したとされる内部告発者からの情報なのです。

近年、謎の死や事故、他殺、自殺に見せかけて殺害された異常な数の微生物学者やウィルス学者・・・

その数は2005年までに40人、現在では100人を超えています。

なぜ多くの微生物学者たちが殺害されているのでしょうか?

実は彼らは先進国の政府機関で働いていた研究者で政府機関による生物兵器開発に関わり、
知ってはならない事を知ってしまい、その内容を外部に漏らした或いは漏らそうとした人達なのです。

ケムトレイルの情報もこれらの内部告発者達の良心からもたらされたものです。

ケムトレイルと普通の飛行機雲との違いは何だと思いますか?

ケムトレイルは機体から長い尾を引き、大気中に長く残留し、
段々広がって筋状の独特の雲になっていきます。

一方、普通の飛行機雲は短い尾を引き、すぐ消えてなくなるのです。

これをコントレイルと呼びますが、
最近ではコントレイルに見せかけたケムトレイルがあるので注意が必要です。

ケムトレイルからは数々の化学物質が検出され、撒かれる数が多ければ、
次の日は曇りになってしまうほどで、近年ではこの現象が世界中で報告されています。

世界中の先進国の各都市で見られるケムトレイル現象は、
日本国内でも頻繁に見られるケムトレイル現象と同じです。

ケムトレイルの散布は、日本においては特に週末の早朝が多く、
国籍不明の軍用機、民間機で撒かれているようです。

また旅客機とは異なり、かなり高い高度を航行していることが多いようです。

私はこれまでに幾度となくケムトレイルの散布を目撃してきましたが、
その中でもケムトレイルは決してただの陰謀論などではない
という証拠にもなる決定的な瞬間がありました。

それはある日の夕方、空を眺めていると同じくらいの高さを飛ぶ、
大きさも変わらない2機の航空機が目に入りました。

ところが1機は飛行機雲がモクモクと出ているのに対しもう1機は全く出ていません。

そこで、よーく観察してみると、全く煙を出してない機体は
JALの旅客機だというのが確認できましたが、

もう一方の煙をモクモクと出している機体は、
見るからに形は通常の旅客機でしたが、どこのものかは確認できませんでした。

恐らく民間機の払い下げを軍がケムトレイル用として購入したのでしょう。

これを目撃したおかげで、通常の航空機からは飛行機雲など絶対に出ないと確信が持てました。

次の画像はケムトレイル用に内部を改造した航空機と
ケムトレイルの吐き出し口(翼部分にあることが多い)

image004 image005 image006 image007

狂気としか考えられない細菌散布実験等を国家レベルで行っているから驚きです。

英国政府や米国政府は既にこのような実験を
過去に実施してきたことを認める声明を出していたことも判明しています。

例えば英国では2002年に国防相が40年にわたり
国民を標的にした細菌散布実験を行ってきたことを認めています。

これは英国自由民主党議員 ノーマン・ベーカー氏が市民からの要求に従い、
ケムトレイルについて政府に対し再三に渡って回答を求める行動をおこした結果、
引き出せた公式声明なのです。

この内容はオブザーバー紙が2002年4月21日に報道しました。

英国政府の60ページにも渡る報告書の中には過去の生物化学兵器実験の詳細が記されています。

その一部によると英国政府は、1940年~1970年までの40年間、国防省を通じ、
対ロシアの生物テロ対策の名目で国民を対象に生物兵器実験を実施してきたと伝えてます。

実験と称して様々な細菌やウィルスを空から散布していたのです。

この実験の中心的役割を担ってきたのが英国南部にあるポートンダウン研究所です。

同研究所は新聞社の取材に対し、現在の実験状況については
公表するつもりはないとし、謎のままになっています。

続いて米国ではルイジアナ州のテレビ局KSLAのニュースで、
リポーターがケムトレイルについて調査し、米国政府が英国政府同様、
これまで長年に渡り国民を標的に空中からの生物化学兵器実験をしてきたことが明らかとなりました。

次はケムトレイル反対のポスター画像

image008

欧米では、このような政府による飛行機を使った
化学物質や細菌の空中散布に反対する数々の市民団体が存在します。

軍は空からバリウム・アルミニウム・インフルエンザウイルス等を散布。

バリウムは、うつ病、アルミはアルツハイマー病の原因となります。

政府はケムトレイルによって人口を削減し、
製薬会社はケムトレイルによって作り出される
病気の予防ワクチンや薬で莫大な利益を生み出しているのです。

image009

さらにワクチンには人口をコントロールするための物質
「アジュバンド」やウィルスが混入していて、
これは列記とした厚労省の管轄である国立感染症研究所の公式見解なのです。

しかし日本は情報が閉ざされた国なので
全くその気配すら感じることができないのが現状です。

現在、世界ではこの新型インフルエンザワクチンの
法的な強制接種への動きが猛烈なスピードで進行しています。

既に米国の州の中には強制接種法案が論議され、
マサチューセッツ州ではこの法案が可決しています。

ワクチンを拒否すると1日1000ドルの罰金と
30日間の拘置という罰が科せられるというのです。

フランス、ギリシャも近々、国家レベルで
新型ワクチンを全国民に強制接種を実施する動きを見せいています。

また、日本でも一定数の感染者がいる企業には、
政府からの全社員に対するワクチン接種の要請が出されるようになってきています。

政府が車で化学物質散布をしている様子が次の画像です。

image010

実に恐ろしい世の中です。

私たちはこのまま黙って見ていて良いのでしょうか?

いいえ良いわけがありません。

ただ黙って見ているということは、
あなたの大切な子供までもが危機にさらされるということなのです。

私たちはこうした情報を多くの人に伝え立ち上がるべきなのです。

8 件のコメント

  • nobu より:

    だとすると 心理を知って、公開しているあなたは、確実に抹殺されます。
    それを防ぎ、身を守るためには、ほんまでっかTVの武田きょうじゅのように、マスコミに身をされすか、沈黙を守ることです。
    でももうこんだけ書いているので、あとは露出を増やすしかありません。

  • 神奈川県民 より:

    ケムトレイルについて分かりやすく、事実に裏付けられた真実性の高い説明に感謝します。
    自宅上空、晴れた日には大体ケムトレイルが確認出来ます。
    東京から厚木基地、横田基地方面にいつも伸びています。
    ケムトレイルの事実を一般大衆に周知させたいです。
    ツイッターで情報拡散されてる方もいますが、自分もしたくなりました。

    • 通りすがり より:

      晴れた日には大体ケムトレイルが確認できるということは、通常の飛行機雲とケムトレイルの違いがわかるということですか!???
      判別方法を詳しく教えてください!!!

  • 佐藤 より:

    同じ上空を飛行しているにも関わらず一方の飛行機は雲を引かず
    もう一方は雲を長く引いてるのを動画にしている方が大勢います。
    私もその一人です、自宅付近をヘリが飛行したりと毎回同じパターンのようです。
    多くの人が真実に気づき対策を共有し合う必要性を感じています。
    スノーデンの映画に基づくとこの書き込みも監視の対象となるみたいですね。
    かと言って行動せずにはいられないでしょう、拡散すべきです。
    統合失調症と馬鹿にする人も中にはいますが工作員だと私は思っています。
    このような事実があるのであれば検証して早々に対策を打つ必要があります。

  • 福永 より:

    7月16日am4:40頃飛行機から飛行機雲が、
    二つの飛行機雲が交差して長い時間残り風の流れで広がって行きました。

  • いつか悪業悪人は裁かれる より:

    Wikipediaではケムトレイルについて嘘の説明があり、それを認める人々は精神病だ妄想とか言って陥れ、人に話すのを躊躇させ、広く知られないように抑止しようとする意図が見て取れます。多分、工作員か、かなりの愚か者が書いたと思われます(工作員はもっと愚か者ですが)。役所の人に話してもまずはウィキペディアで調べてそれを信用してしまっているありさまです。ウィキペディアは誰でも編集できるので、いいかげんであったり嘘の情報もあることぐらいも分かってないのでしょうか?いずれにしても、今だにしつこく頻繁に行われ、これだけのコストをかけて熱心にしているということは効果に確信があるからでしょう。楽観視していたり何もしないでいるとまずいことになる危険性がありますね。緊急に対策をとらなくてはならないでしょう。特に、自衛隊とか警察官、良心のあるまともな政治家、行政に関わっている人々、弁護士、人権団体、等々、何らかの権限なりあって、アクションを起こせる人々に知らせていかなくてはならないでしょう。そして、一人一人が自分に何できるかを考えて行動しなくてはなりません。それにしても、こんなキチガイどもが猛威を奮っているとは何ということでしょう。しかし、このキチガイどもはごく少数であるのですから、皆が一致団結して行動を起こせば止められるはずです。

  • より:

    北海道の田舎で飛行機1日一便です。
    夜に2機や1機の飛行機が飛んでるのはなんだろうと思っていました。かなり高度です。
    私は星が好きでよくこれを見ますが、これらも全てそうなんでしょうか?勇気ある投稿に感謝いたします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です