フリーメイソンの真の姿(3)

フリーメイソン、フリーメイソンと巷では騒がれているようですが、
実は私たちの国である日本こそフリーメイソンの元なのです。

「え、そんな馬鹿な」と思っていませんか?

実は日本は、自分たちがフリーメイソンであることを大々的に宣言しているのです。

いったいどういうこと? ・・・と思いますよね。

それは日本の国旗を見ればわかります。

日本の国旗は円と四角で形成されています。

円を描く際には「コンパス」が必要で四角を描く際には「直角定規」が必要です。

いい換えれば「日の丸=コンパスと直角定規」になるのです。

コンパスと直角定規といえば、フリーメイソンのシンボルですよね。

世界でコンパスと直角定規で描く必要がある国旗は、
日本の他にバングラデシュ、パラオ、ラオス、ニジェールが存在します。

しかし、これらの国々は1800~1900年代に独立した国であり、
日本のように古代から存在する国ではないのです。

image030

 

 

日の丸=天照大神を表します。

つまり、日の丸を描くコンパスと直角定規は天照大神の親ということになるのです。

天照大神の親は伊邪那岐命(父:イザナギ)と伊邪那美命(母:イザナミ)です。

このイザナギとイザナミが、夫婦の契りを交わす際に
天御柱(あまのみはしら)の周りを、お互いに反対方向に廻る場面がありますが、
これと全く同じものが中国の神話にも出てきます。

それは伏羲と女媧(ふつぎとじょか)です。

image031

この伏羲と女媧が手に持っている物をご覧ください。

そうです、コンパス直角定規ですよね。

また、脚はなく蛇です。

昔から人間を創ったのは蛇(爬虫類)とも言われています。

その時の文明がシュメール文明です。

ダーウィンの進化論を未だに信じている人はいないと思いますが念のために言っておきます。

猿は所詮、猿です。

猿が人間へと進化したなどというのは全くの嘘です。

ダーウィンの進化論

ダーウィンの進化論

この辺りを話は、またの機会にしたいと思います。

 

さて、話を元に戻します。

先ほどの話で「日の丸=天照大神」だから、
日の丸を描くコンパスと直角定規は、天照大神の親となる・・・と言いましたよね。

そしてそれはイザナギとイザナミ・・・だと結論付けました。

では日本という国そのもがフリーメイソンなのか?
という疑問が浮かぶと思います。

答えはYESです。

日本の名称がフリーメイソンだったというわけではありませんが、
フリーメイソンのルーツになってるのは間違いなく古代の日本なのです。

では、古代日本での最高位のフリーメーソン(神)とはいったい誰だったのか?

その人物が「イエス・キリスト」なのです。

イエスキリストの職業が「大工」だったことは多くの人がご存じだと思います。

フリーメーソンの意味は「自由な石工(大工)」と言う意味です。

つまり、古代フリーメイソンとは、日本国旗でもありイエスキリストそのものを指しているのです。

実は「日本」という国名も「イエスキリスト」を表しています。

どういうことかわかりますか?

「日」は太陽であり、天照大神を表していますよね。

「本」は、漢字を分解する必要があり、「十」と「人」と「一」に分かれます。

「十」は、文字通り「十字架」を表し、

「人」は、神に対し頭を垂れている人間を表しているのです。

昔、金八先生というテレビ番組で「人」という字は、
「人と人とが支え合った姿」と言ったため、
それが広まり日本人の常識となっていますが、この解釈は完全に誤りです。

金八先生の解釈を分析すると2人の人間からできた文字となります。

ですが実際は1人の人間からできた文字なのです。

つまり「本」という字は、1人の人間が十字架に掛った神に対して、
頭を垂れる姿からきているというわけです。

また、「本」という字は「大」と「十」を組み合わせたものでもあるのです。

その例が683年頃に作られた日本最古の貨幣「富本銭」に見られます。

image033

 

これを見れば「本」という字が「大」と「十」に分かれているのがわかりますよね。

つまり「十」は十字架 ・・・「大」は「一人」。

繰り返しになりますが、「日」は天照大神を表していて「本」は十字架に掛かった人を表しています。

日本の国名の意味は「天照大神が十字架に磔(はりつけ)になっている」ことを示唆していて、
十字架に磔(はりつけ)られているのはイエスキリストです。

と言うことは「イエス・キリスト=天照大神」ということなのです。

天照大神とイエスキリストは他にも一致する部分があります。

両者は1度死んでから復活するという部分です。

前にも紹介済みですので重複することになりますが、
イエスキリスは男神で、天照大神は女神であるため、
一見、別の神だと思われがちですが、鏡像反転で左右を逆に見よと示唆を与え、
鏡の左右反転で、左=西→陰、右=東→陽となり、
女神→男神にせよ・・・との暗示となっています。

多くの人がまさか日本という国が「イエス・キリスト」を表していて、
日本の最高神である天照大神がイエスキリストだったとは思ってもいなかったはずです。

しかも、日本という国がフリーメイソンのルーツだったなど、
信じ難い情報ばかりを並べているので無理もありせん。

ですがこうした証拠はまだまだたくさんあるのです。

ところで、多くの人はイエスキリストのことを
青い瞳、金髪、白い肌の白人だと考えているのではないでしょうか?

image034

私たちはプロパガンダによって、イエスキリストを白人だと思い込まされてますが、
実は私たち日本人と同じモンゴロイド・・・すなわちアジア人なのです。

そう考えると日本という字がイエスキリストを表しているということが理解できると思います。

その辺のことも、また紹介していくことにします。

それにしても、私たちはこの世の全てにおいて
騙され続けてきたといっても過言ではありません。

今すぐ真実に目覚めなければ、嘘の情報を上塗されて、
覚醒できなくなる危険性だってあるのです。

だから今すぐ目を覚ます必要があるのです。

2 件のコメント

  • […] スと定規を使って描けるもの。 何だろうな。 このシンボルに関係ありそうな 答えを知りたい方は、、、 世界の裏をご覧ください。 あ。本当かどうかは、知りませんが あしからず(笑 […]

  • ウイリアム・モートン より:

    世界が不気味な情勢を醸し出している現今、フリーメイソンの源流である吾々日本人は世界をリードする平和的な力を今すぐにでも持たなければなりませんね。白人に高度な宗教は持てなかったのですから、白人の歴史的な陰謀の仲間になってはいけませんね。日本の現総理は大丈夫ですか……?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です