「アダム」と「イブ」がエデンの園を追放されたのは、禁断の果実を食べたからですよね。

エデンの園を追い出されたアダムは神に対する祭壇(石段)を造ります。

これが、歴史上、最も古い石の建造物だと考えられます。

フリーメイソンは建造物を造る石工職人であると考えれば、
アダムは人類の元祖であり、フリーメイソンの元祖でもあるのです。

となると「ノアの方舟」を作ったのもフリーメイソンだったと考えられるわけです。

ノアの大洪水の時、方舟で脱出したのはノアと3人の息子(セム・ハム・ヤフェト)でした。

「聖書」によるとノアの大洪水が起こった時、生き残った人間はたったの8人です。

ノアと息子3人・・・そして息子の妻たちだけだったのです。

繰り返しになりますが3兄弟の名前は「セム」、「ハム」、「ヤフェト」です。

この3人から世界の人類が派生していったのです。

創世記の第9章-18~19節にはこう書いてあります。

9:18   箱舟から出たノアの子らはセム、ハム、ヤペテであった。ハムはカナンの父である。  

9:19   この三人はノアの子らで、全地の民は彼らから出て、広がったのである。

 

ヤフェトからは主に白人種コーカソイドが誕生。

アーリア人、ゲルマン人、スラブ人、ケルト人、
ギリシア人、ペルシア人、インド人などが含まれます。

 

ハムからは主に黒人種ニグロイドが誕生。

エジプト人、エチオピア人、ケニア人などのアフリカ人が含まれます。

 

セムからはアジア系の有色人種モンゴロイドが誕生。

ユダヤ人、アラブ人、トルコ人、モンゴル人、中国人、朝鮮人、
日本人、アイヌ人、インディアン、インディフォ、マオリなどが含まれます。

 

それにしても、元は同じ人種だというのに、あまりにも似てないように感じませんか?

例えば、同じアジア系でも日本人とアラブ人では、あまりにも顔が違いすぎます。

ですが、両者には非セム族にはない「しるし」があるのです。

何だかおわかりだでしょうか?

それは「蒙古斑(もうこはん)」です。

image044

非白人のスファラディー系ユダヤ人の赤ん坊の尻にも蒙古斑が出ます。

これはセム系の証でもあるのです。

すなわち、日本人はセム系の血を引くセム系メイソンだと考えれるのです。

10世紀頃、カスピ海と黒海に挟まれた「ハザーツ汗国」という栄えた地方では、
国民のほとんどがユダヤ教に改宗するという、前代未聞の事件が起きています。

もともとコーカソイド(白人)であったハザール人は、
改宗後まもなくユダヤ人と呼ばれるようになります。

今日、アシュケナジー系ユダヤ人と呼ばれる人々の大部分は、
ハザール人ユダヤ教徒の末裔なのです。

例えば、アルベルト・アインシュタイン、ヘンリー・キッシンジャー、ダスティン・ホフマンなど、
白人系ユダヤ人の先祖は、ほとんどがハザール人なのです。

アルベルト・アインシュタイン

アルベルト・アインシュタイン

ヘンリー・キッシンジャー

ヘンリー・キッシンジャー

ダスティン・ホフマン

ダスティン・ホフマン

言うまでもありませんが、欧米社会に溶け込み、
コーカソイドと混血を繰り返すことで、
外見が白人となったユダヤ人が多いのは確かです。

しかし、本来のユダヤ人は白人ではなくアジア系の有色人種なのです。

ユダヤ人は外見がアラブ人とほとんど変わりません。

なぜなら、両者は非常に近い人種で同じセム族に分類される人々だからです。

ノアはアダムからフリーメイソンを継承し、
その息子のセム、ハム、ヤフェトも継承したというわけなのです。

そして、ヤフェト系(コーカソイド)のメイソンが、
後に復活し、近代フリーメイソンとなったのです。

セム系(モンゴロイド)のメイソンは、アジアのメイソンで、これは日本に存在します。

だから近代フリーメイソンが持っていない知識を持っているのです。

ハム系(ニグロイド)のメイソンは、黒人のメイソンで、やはり必要な知識を持っています。

例えばエジプト・・・古代エジプトの壁画に描かれた女性の髪はチリチリですよね。

つまり、古代エジプトは黒人が作った文明であることを裏付けているのです。

古代エジプトの壁画

古代エジプトの壁画

古代エジプトは、黒人が作った文明であるにも関わらず、なのに、それを一部の白人学者たちが、
「黒人にあんなものが作れるわけがない」と否定しているのです。

一部の白人の偏見と差別意識によって認められないだけなのです。

ところで、イエスキリストは西洋の神様だと考えていますが、
実はアジアン人だということを、前にもお話したと思います。

イエスキリストはセム族から生まれた黒い髪と黒い眼の有色人種です。

しかもフリーメイソンとしては、最高位でした。

つまり「神」です。

そして、フリーメイソンのシンボルでもあるコンパスと直角定規の間には「G」の文字がありますよね。

これは「GOD」すなわち「神の子(イエス・キリスト)」を表したものなのです。

image047