科学技術が進歩し、人間は地震兵器を作り、天候コントロール兵器を作り、
クローンまで作るようになりました。

もはや人間は絶対に立ち入ってはならない神の領域にまで手を出したのです。

こういったことが許されるはずがない・・・と考えるのは私だけでしょうか?

天気一つをとっても自由に操ることが可能・・・

それは言ってみれば、雲を自由にコントロールできるということです。

とは言うものの、雲の一部だけが欠けるように下に落ちるということがあり得るのでしょうか?

この写真は去年の暮、東京で撮影された雲です。

image094

image095

確かに雲の一部が、滑るように下に移動したように見えます。

この現象はいったい何なのでしょうか?

次の写真では、丸い穴を空けるように穴の内側の雲が落ちようとしています。

image096

こちらは、アラブ首長国連邦に出現し、陸までに降りてきた不思議な雲?です。

雲という雲でもないような気もしますが、この正体はいったい何でしょうか?

メキシコでも奇妙な雲の現象。

サンパウロ これはプラズマ兵器の可能性があります。

こちらは、ノルウェーでは度々出現する現象です。

雲ではありません。

地震兵器ハープの高周波でしょうか?

インドネシア

私たちの住むこの世界で、今、何が起きているのでしょうか?

そういえば、私が捉えた「赤く光る雲」の写真があるのでお見せしましょう。

これは自宅の近くで、たまたま撮影したものです。

正確な時間は憶えてませんが深夜のことです。

image097

雲の中に、何か光る物体があるのが、おわかりでしょうか?

これは、いったい何なのでしょうか?

今、世界中の雲に何が起こっているのでしょうか?